Religious swindle.



TOSHIのmixi日記「皆様へ」


今回の騒動を見てまず思ったのは、
「なんて古典的なんだ」
ということだった。
だって要は、怪しい宗教(的)団体に身ぐるみはがされました、
って状態だものね。

新聞の見出しにも大きく「だまされた」ってあったけど、
だまされてないと思っていたのは彼の周りでは本人だけではなかったか。

宗教団体は「お金を要求してきたらまず疑え」という話がある。
信仰という弱みにつけこまれると、人はお金を喜んで出してしまう。
または、お金を出すことを疑問に思いながらも、
「疑う自分はまだ信仰が足りない」などといった思考回路で、
自分自身の疑問を押さえつけてしまうのだ。
これは当人が悪いというよりも、
信仰のシステムの中にそういうロジックがあるのだ。
(と書くと、自分が宗教団体の中の人みたいだな。そんな事実はありません)

TOSHIに関しても、どこかで怪しいと感じ、
途中で引き返すタイミングがあったのかもしれない。
でも、一度信じた身としては、
引き返すことは信じた自分自身を否定する事だ。
それはものすごく勇気がいるし、
「強さ」を持っていないと行動に移す事は難しい。

人間の強さというのは「捨てられる強さ」だ。
何かに寄りすがっていると、
まるでそれが自分の価値とイコールのように認識され、
絶対に捨てられなくなってしまう。
捨ててしまうと、自分には何も残らないのではないかと思う。
そこで引き返す事ができるのが強さなのだが、それはとても難しい。

自分を客観的に見られる人は強い。
自分を笑える人は強い。
自分の弱さを知っている人は強い。
自分の行動が失敗だったと認められる人は強い。

そして、強い人の条件がもうひとつある。
「人に優しくできること」だ。
本当に強い人は往々にして、優しいものなのだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/9700784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2010-01-19 11:21 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31