わたしは思う。

わたしは思う。
この降ったりやんだりの夏の終わりの夕方のにわか雨を思う。

わたしは思う。
にわかという字は「俄」と書くのだがとっさに見ると読めないかもなあと思う。

わたしは思う。
本州から1,000km離れた小笠原の島の深く黒い海に強くふりそそぐ雨のつぶの音を思う。

わたしは思う。
屋久島のフィトンチッドあふれる森の木の影に隠れる鳥のからからとした鳴き声を思う。

わたしは思う。
やさしい気持ちの持ち主であるために人のつらさを自分のことのように感じる、小学生の時に読んだ「夕焼け」という詩に出てくる女の子の小さくはかない善意とその哀しみについて思う。

わたしは思う。
昨年の夏に沖縄の阿嘉島の宿の本棚からつい黙って持ってきてしまった椎名誠の小説「哀愁の街に霧が降るのだ 上巻」に取り残された下巻の寂しさを思う。

わたしは思う。
ドランクドラゴンの塚地じゃないほうのお笑い芸人としての行く末を思う。

わたしは思う。
この降ったりやんだりの夏の終わりの夕方のにわか雨を思う。

わたしは思う。
今朝の一瞬の陽光にだまされて外に干してきてしまった二組の布団のことを思う。

わたしは思う。
数カ月前にベッドを思いきって処分したためにウチの寝具はあの雨に濡れる布団二組だけだったことを思う。

わたしは思う。
布団を失ったわたしは今晩どこで寝ればよいのだろうと思う。


布団を失ったわたしは今晩どこで寝ればよいのだろう。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/992011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mintbox1 at 2004-09-07 18:53
悲しい詩(うた)ですね。心に染み入りました。
とりあえずは、一番安いシュラフでも買って帰ったらいかがでしょう。
明日はきっと晴れですよ。ええ、晴れますとも。
Commented by シホ at 2004-09-07 19:09 x
え。お布団。。辛すぎる。。泣きそうだ。
Commented by アキ男。 at 2004-09-07 19:51 x
えぇーっ。
二組の布団て、もうひと組はいったい誰が
眠ったの~???と思ったら

よーじさんか。

がっかり。
Commented by d_yuuu at 2004-09-07 20:41
、、、お察しします。。。(ToT)
どうぞ、朝まで、たらふく飲んでください。

しかし、ドランクの鈴木君より、若旦那のお布団の行く末は。。。
Commented by みかち at 2004-09-07 21:25 x
アキ男。、すごい。
その鋭い着眼点が好きだ・・・。

大丈夫、あたし達どこでも寝れるシスターズ(?)じゃん。
d_yuuuさんに1票。 たらふく飲んで帰りましょう。
Commented by ユウイチロー at 2004-09-07 21:33 x
どうもユウイチローです。とても感動的な詩ですね。というかとても文章がうまくていらっしゃる。あこがれます。
ドラドラ鈴木は僕は好きです。鈴木あっての塚地だと思います。
危険なのはdondokodonの平畠じゃないでしょうか。。。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 22:08
> mintbox1さん

ココロにてるてる坊主をつるして、
飲み屋か漫喫を目指そうと思います…。

そう、明日はきっと晴れる…きっと…。
でも布団は使い物には(以下略)
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 22:09
>シホさん

外を見やると雨が強くなってきました…涙雨が…。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 22:11
>アキ男。

そのコメントは虚を突かれたYO!(笑

でも干した布団がむしろ一組とかだったら、
もう何をかいわんやだ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 22:18
>豆YUUさん

なんか風が強くなってきたんですけど。
もうダメかもしんないね!(←ヤケ)

とゆーわけで東京ヤケ酒ツアーか。
今日は雨だし、店も空いていそうだナ…。
( T ∞ T )

↑分かりづらいけど「∞」はメガネのつもりだ!(←ヤケ)
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 22:20
>みかち

そうね「シスターズ」よね(笑
うん、飲んで帰るよ。どこでも寝られるし。
雨の路上とか。

いや死んじゃうし。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 22:22
>ユウイチローさん

こんばんは。こんなことになってます。わたし。
ココロの叫びが伝わったようで嬉しく思います。

鈴木あっての塚地。
胸に刻みます。

dondokodonの平畠。
注視してみます。
Commented by YUMO at 2004-09-07 23:30 x
ごめん!
読んでてつい笑っちまった。
人の不幸を・・・。
お許しください。

でも、よりにもよって風の強いこんな日なのにね。
無事にそこに布団があることを祈ってます。

今日は荒れるのかなぁ・・・。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-07 23:37
>おYUMOはん

イエイエ、お笑いくだちい…。
しかし「布団が飛んでゆく」
これは想像しなかったYO!

…アリウール…。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-08 03:05
帰って来ました。

_| ̄|○
Commented by kuro at 2004-09-08 11:28 x
昨日のお昼、
よく行く月島の「築地」という寿司屋にて、
毎回どう見ても「まぐろヅケの量>ごはんの量」としか思えない、
まぐろヅケ丼(800円・お椀と1品(この日はこれまた、まぐろ山かけ))を、
カウンターにていただいていた時。

若い板さんがもくもくとランチ握ってる中、
店を手伝う(近所に住んでると思われる)バイトのおばちゃんが、
突如として、

「うあっ すごい雨っっっ。 おふとんが、おふとんがぁぁぁっ…」

と、台詞の最後のほうはドップラー効果が感じられるくらいの勢いで店を飛び出し、
いきなりプチ職場放棄。
同じく店を手伝うお椀出し&会計係のおやぢもまた、
意味不明な叫び声とともに、
あとを追うように店外逃亡。


10分くらいで戻ってきましたが。


若旦那の布団(2組)も取り込んでもらうようにお願いすること、
叶わず。



すまぬ。

つーか、遠いし。
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-08 15:07
昨日は各地で被害頻発だったみたいですねヱ。

確かに築地の寿司屋のバイトのおばちゃんに
お布団取り込みに行ってもらうには、恵比寿はちょと遠いし。
つうかさあ、
天気予報をちゃんと見て、
昨日一日は我慢すりゃー良かったんじゃん。>俺のバカ

でもでも。

ただいま好天のもと、「鈴木君と平畠君」は
ぽかぽかと太陽の光を浴びて復活中です。
BGMは、そうね、

懐かしいトコロでミスチルの「蘇生」を。

で、映像はひたすら干される二組の布団。
そう何度でも何度でも。
Commented by よーじ at 2004-09-09 15:36 x
階下の方に迷惑が掛かってはイケないんで、二組の布団を重ねてたんだよ、うふっ♪

と、今さらなコメントだが、シノブくんしか読まないんだろーな。(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2004-09-09 15:41
きっとね(笑)

ちなみにぶっちゃけ、ウチ1階です(←だいなし)

by shinobu_kaki | 2004-09-07 18:48 | ライフ イズ | Trackback | Comments(19)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31