2004年 08月 30日 ( 1 )

アフォリズム 佐藤直樹

僕らはいずれ次のステップを踏まなければならない。ただし、それが現実逃避的なものであってはならないだろう。ある意味でじつに過酷と言える「目の前の現実」に対して、前向きに取り組んでいかなければならないのは自明のことなのだし、そうであってこそ、あくまで「同時に」とんでもない空想を自らのうちに育むこともできるのだから。そして、その空想を「新たな現実」にできるのは、今ある現実への対処によって鍛えられ身についた「術」だけなのだ。

僕らはもっと狂っていい。もちろん発狂したほうがいいなどとと言ってるんじゃない。そんなものはわかりやすすぎてつまらないと思う。けっして収束しないこと。つねに姿を変えていくということ。

佐藤直樹(アートディレクター)
by shinobu_kaki | 2004-08-30 20:40 | アフォリズム | Trackback | Comments(1)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki