カテゴリ:エウレーカ!( 412 )



遅刻する食パン少女まとめ

いわゆる物語表現の「ベタ」というか「定型」の話。

エヴァTV版のラスト近くにも見られた、
食パンくわえて「遅刻チコク」と走りながら
曲がり角で男子とぶつかる転校生の女の子とか。
地味で冴えない子が眼鏡をはずすと美少女だったりとか。

そうした見たこともないはずの「定型」を、
なぜ我々は「ありがち」と感じるのか。
そうした問いを起点に、
少々パラノイアックな感じで調査考察してるページ。
「眼鏡を外して美人!というパターンの元ネタは何か。
日々古本屋に通って1970年代のマンガにはほぼ全て目を通し、
眼鏡っ娘が出てくるマンガは全て購入した」
というあたりMADで良い。

で、結論から言ってしまうと、
「高度成長期以降の日本人の物語認識が、
アメリカンホームドラマの世界をひとつのロールモデルとしていたから」
という話になってる。
上記の諸々はアメリカンホームドラマ、
さらにそれに影響を受けた諸作家たちの作品群によって、
我々の「自意識」が形作られていったという仮説はなかなか面白い。

ちなみに「定型」というネタについては、
以前ブログでこういうエントリを書いたことがある。
完璧なもの

言葉はちょっと遊んでますが、要するに「定型」の話。
一発目に食パンくわえた女の子がさっそく出て来てくるけど、
要はそれだけ定型としてシンボリックなんですよね、これ。

あと寿司折りぶらさげた酔っぱらいのお父さんとか、
バナナの皮ですべって転ぶとか、
パイプにベレー帽の画家とか、0点の答案とか。
ひたすらに定型的なパターンを挙げていくと、
どれも非常に昭和の香りがする。
そういう意味では前述のパラノなブログが指摘するように、
高度成長期の一種の幻想が、これらの「定型」なのではないか。

まあ、共通して抱くイメージってのは必然的に過去のものであるはずで、
この時点での過去が昭和であったり高度成長期であったりというのは、
実はタイミングとして当たり前と言えば当たり前ではあるんですけど。


まあそういう話。
by shinobu_kaki | 2011-08-11 10:49 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)
例えば「小説」である。
今ではそれなりに知的な印象を持って迎えられるジャンルであるが、
漢書を起源とする「小説」という言葉は、
「取るに足らないもの」「価値のないもの」という
侮蔑的な意味からはじまっている。

かように新しいものはしばしば侮蔑をもって迎えられる。
それは、まさに名づけをする側の人間たちが、
その時点でのマジョリティ、
つまり旧価値観に属する人間という構造があるからであろう。
彼らにとってみれば新しい潮流などというものは、
「低俗な流行りもの」に過ぎないものであり、
またそうでなければならないのだ。

しかし、そんな「低俗な流行りもの」は、
時代が移り変わるにしたがって確固たる地位を獲得し、
そして名前だけが残る。「新ジャンル」の誕生である。

もともと侮蔑語から生まれた名前は「様式」に顕著だ。
いくつか挙げてみたいと思う。


●ゴシック(Gothic)

僕はデザイナー職なので、
「ゴシック」と聞くとまず書体を思い浮かべる。
ゴシック体とは縦横の太さが比較的に均等であり、
総じて骨太な印象を与える書体である。
そもそも「ゴシック」とは(wikipediaによると)、
西ヨーロッパの12世紀後半から15世紀にかけての
建築や美術一般を示す用語であるらしい。
そしてゴシックもまた侮蔑語であった。
15世紀~16世紀のルネサンス期イタリアの人文主義者たちが、
混乱や無秩序が支配する野蛮な様式だとして「ゴート族の様式」、
つまり「ゴシック様式」だと言い表したのだった。


●バロック(baroque)

バロックという言葉は、真珠や宝石のいびつな形を指す
ポルトガル語のbarrocoから来ているらしい。
これもまた侮蔑的なニュアンスを含んでいる言葉である。
不完全、いびつ、異常、奇妙、グロテスク、不規則…。
しかしこれらが肯定的な意味合いを帯びたとき、
複雑、個性的といった評価になるのである。
そう言えば黒川記章が若尾文子を、
「君の美しさはバロックの美しさ」とか言って口説いた、
という話が印象に残っていますな。


●ロココ(rococo)

曲線を多用する繊細で優美なスタイル。
語源は岩を意味するロカイユ(rocaille)であり、自然的な造形。
たしかに植物を模したようなフォルムが特徴的。
独立した様式というよりは後期バロックの一部とも言われるが、
まあ正確な定義はインターネットにいくらでも落ちているので、
そちらを見ていただくとして、
個人的にはやはりロココと言えばブルボン王家ですね。
つまりはお菓子を食べろ的なあれですね。


かように、ひとつのジャンルの名前として定着してるものですら、
もともとは侮蔑的ニュアンスの言葉であったことが多いのだ。
面白いのは、そういったネガティブな意味だからとて、
ジャンルとして独り立ちした後もその名を使い続けることである。
もちろん言葉の善し悪しで名前がつけられるというわけではないのだが、
立派になった人が幼い時の渾名をそのまま使い続けるようで、
(ブラジル人サッカー選手などに多いケースだ)、
こういうのはけっこう興味深い。
by shinobu_kaki | 2011-07-22 20:30 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

通貨の話。


誰かが
「ドラゴンボールの世界の通貨単位『ゼニー』はセンスがいい」
と書いていて、
絶対にwikipediaであると思ったら、果たしてありました。


wikipedia 架空の通貨一覧


個人的に架空の通貨で思い出すのは「ゼルダの伝説」の「ルピー」だけど、
これはインドやパキスタン、スリランカ、
ネパールなどの通貨と同じ名前だったりする。
ちなみに「ゼルダ」に出てくる「ハイラル」という地名も、
中国モンゴル自治区にある地名と同一であり、
「ゼルダ」は意外と史実そのままのネーミングを採用しているようだ。

閑話休題。

上記の「架空の通貨一覧」をざっと見ていて、
個人的に気に入ったのはこのへんかな。


●ガネー(1ガネー=10円。東まゆみ『エレメンタルジェレイド』)

●亀(両津勘吉が製作した地域通貨。秋本治『こち亀』)

●環(尸魂界の通貨。久保帯人『BLEACH』)

●ゼニー(鳥山明『ドラゴンボール』)

●ペリカ(10ペリカ=1円。福本伸行『賭博黙示録カイジ』)

●ボル(藤子・F・不二雄『モジャ公』)

●キュラソ(『ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜』)

●ハイト(『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』)

●ボール(『J9』シリーズ)

●オース(『ヴァルキリープロファイルシリーズ』)

●ギャラ(『ワイルドアームズ』シリーズ)

●クラウン(『ロマンシング サ・ガ2』)


基準は「ちょっとありそうなもの」かな。
やっぱり発想としては「ドル」と「円」の組合わせ、
またはアレンジというものが多い中で、
「通貨っぽい新しい名称」を模索しているものに惹かれます。
あと分かりやすさ。
初めて見ても通貨単位と分かって欲しい、
その「らしさ」がないものはちょっと残念な気もします。

そういう意味では「ゼニー」は確かに上手いかもね。
「銭」が由来というのは誰でも分かりつつ、
音を伸ばすことで異国感を醸し出しているという感じですね。

「カイジ」の「ペリカ」はそういう意味ではイマイチなんだけど、
何しろカイジ好きなもんで…。

藤子・F・不二雄の「ボル」は流石だと思う。


通貨と言えば好きなのが古代ギリシャ。
ドラクマ、オボロス、タラントン。
タラントンは「タレント(才能)」という言葉の語源にもなってますね。
このへんの通貨単位は岩明均「ヒストリエ」に出てきます。


リアルにある通貨単位で好きな響きは、
シリング、セント、ポンド、レアル、ルーブル、ウォン。

しかしこうして並べると、
なんだか、どちらが架空だかわからなくなってくるね。
by shinobu_kaki | 2011-03-08 20:53 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

「香水の歴史」


娘が生まれてから、いやもっと正確に言うと妻が妊娠してから、
以前のように香水(フレグランス)をつけることがなくなった。

香水もつけはじめは適量がわからず、
思えばいくらなんでもつけすぎだろうという感じで、
平気で会社に行ったりしていたものだ。
あれは同僚も迷惑だったであろう。

たまたま見つけたサイトだが、
憂愁書架 「ロジャ・ダブ『香水の歴史』」というページがあった。

少し引用してみると、

一般に近代香水は、1882年のウビガンの「フジェール・ロワイヤル」と1889年のゲランの「ジッキー」からはじまるとされています。それまで、香水といえば、単純な花の香りをもとにして、樹脂、木材、それに動物の匂いを混ぜ合わせたものでした。

しかし、香水の世界を本当に変革したのは「ジッキー」です。フランス革命からちょうど100年後、パリ万国博を記念してエッフェル塔が建てられた年にこの香水は登場しました。まさに革命的な代物で、さわやかで甘いフローラルの香りしか知らなかった人々に衝撃をもたらしました。(略)トップノートはラベンダー、ベルガモット、ローズマリー、バジル、ローリエ、奇妙にもハートノートがほとんど欠落し、ベースノートはシベット、サンダルウッド、シナモン、それにバニラで、これにより初めて香水が、レモンやペチュニアの花束という具象から離れて、観念的でセクシーなものになったとロジャ・ダブは書いています。


僕が好きなのは上記にもあるサンダルウッド系の香水で、
いわゆるお香っぽい香りである。
サンダルウッドをベースに、しっくりくる香りを探して
都内の店をウロウロしたこともある。

それとバニラ。

家でもよくお香を焚いていたのだが、
その時の一番お気に入りの香りはバニラであった。

上記のサイトによると、

<サンダルウッド(白檀)> オリエンタルノートには欠かせません。最高品質の白檀はインドに生育する樹齢30年以上のもので、伐採は政府によって厳しく規制されています。この原料は、一瞬香っていたはずなのにいつのまにか消えている、というように嗅覚を「だます」ため非常に使用が難しいとされています。


さらに、

<バニラ> 熱帯に生育するラン科の植物 vanilla planifolia の種子から採取します。緑色の莢から香りを採りだすまでに24ヶ月を要します。香りは力強く、温かみがあり、オリエンタル調の香水には絶対に欠かせません。バニラの香りは性的快楽を高める媚薬ともいえ、サフランと並んでもっとも高価なスパイスです。


とある。
要は、オリエンタルノートが好きなのだ。

実際につけてみて、今までに好きだった香水のベストは、
「HELMUT LANG EAU DE PARFUM」
である。

残念ながら取り次ぎの関係で、日本ではもう手に入らない。
あまりに忘れがたかったために、
ネットで取り扱っている個人業者を捜し、
1ボトル送ってもらったくらいである。

ただ、その時のものは生産から何年経っていたものかは知らないが、
かつて僕がつけていた時のような香りとは、
少々違って感じられたのだった。
そしてそれが、自分にとっての最後の1本となった。

僕は正直、鼻が良いとは言えないほうなので、
(もともとアレルギー性鼻炎持ちなので鼻をやられている)
正直にいって繊細な香りはわからない。

ただ、香りほど好みの出るものはないと思っている。
香りは何よりも生理的に訴えかける。
我慢できない香りは、本当に気持ちが悪くなるし、
好みの香りには無条件に魅かれてしまうというのも事実だ。


またフレグランスをつけるとしても、
もっと娘が大きくなってからだろうけどね。



「長い時が流れ、人が死に事物が壊れ散り果てて何ひとつ残らなくなっても、味と香りだけは残る。それは何よりもはかないのに何よりも私たちの心に残り、何よりもつかみどころがないのに何よりも忘れがたく、けっして私たちを裏切らない。それは魂のように、すべてが朽ち果てた後も記憶に残り、私たちを待っている。味や香りのエッセンスのほんの小さな一滴からも、記憶の壮大な建造物が浮かび上がってくる」(マルセル・プルースト『失われた時を求めて』)

by shinobu_kaki | 2010-11-12 07:25 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

蟷螂近影。

a0022014_18331757.jpg

今日、出がけに見つけたカマキリです。

田舎だからね。
こうした昆虫類がけっこうそこらにいるのです。
by shinobu_kaki | 2010-10-02 18:33 | エウレーカ! | Trackback | Comments(1)

【MEMO】保険について。


以下、メモとして。
後田亨「生命保険の罠」より

More
by shinobu_kaki | 2010-06-23 11:46 | エウレーカ! | Trackback | Comments(2)

一生分を90秒で。


これはちょっとぐっとくる。
イギリスのCMより。

一人の女性の人生を1分半で表現したイギリスのCMが素晴らしい!


ひとつなぎになっているところがテクニカルでいいね。
気の利いた演出。

映画や小説などの物語で、
他人の人生の時間を凝縮して見せられるとぐっとくるんだけど、
これはどういった心の働きなんだろう、といつも思っている。
「それから30年後」とかやられると、
なんかもうそれだけで話に納得してしまうような。
by shinobu_kaki | 2010-05-09 07:17 | エウレーカ! | Trackback | Comments(6)

噛み合わない議論。


なんかこう、久しぶりにこういうのを見た気がしたのでメモ。

勝間 VS ひろゆき 討論会

噛み合ってないとはまさにこのこと。
久しぶりというのは、あまりこういう「明らかにいらついている状態」を、
リアルならまだしもメディアを通して見る事ってそんなにない気がしたので。

こちらがその後の勝間和代さんブログ。
2chはIPの開示に積極的であるというひろゆきさんの注目発言について
と、そのコメント欄。

こうして見ると、
「勝間は株を下げ、ひろゆきは株を上げた」
という意見が多いのだけど、僕がそれに対して思うのは、
「他人は感情的になった人に冷たいのな」という話であって、
この討論自体を勝ち負けで見る事はできなかったな。
しかし本当に議論になってないな、とは思ったけど。

討論は言わばボクシングであり、
つまり議論を交わす、パンチを出し合うという形のもとで進行される。
だから多少なりとも「前提」がないと話が進まない。
勝間氏はひろゆき氏の「原理原則」というガードにいちいちパンチを封じられ、
いつもはできているはずの自分のボクシングができない。
リング上であからさまにいらついた態度を出した勝間氏に
(毒づいて相手の顔につばを吐いたくらいの印象はある)、
「その態度はちょっと…」と、観客が白けたという構図なんじゃないだろうか。

だからコメント欄でいろいろ言われているのは「態度」についてだよね。
別に論じようとしている内容がどうこうじゃない。
というか話がそこまで達していない。

だけど、ひろゆき氏の態度に対する話がほとんどないのが不思議。
失礼なことこそ言ってはいないが、
あの態度は面前でやられたら普通はちょっと癪にさわると思うんだけど(笑)

匿名云々については、
僕は匿名かどうかで書ける事は変わってくると思うし、
匿名だからこそ書ける内容というのは確実にあると思う。
だから匿名の場と言うのはあっていいと思っている。
仮に遡れば個人は特定できると言っても、そこまでする人は少ないしね。
逆に言って、匿名のほうが「書きたい事を書けてしまう」という心理があるため、
場が荒れやすいというのもかなり当たり前の現象としてあると思う。

幸福度については一概に論じられない。
何度も書いている気がするが、幸福度というのは個人的なものだからで、
はっきり言って幸福度調査という名目のデータには何の意味も無い。
幸福に絶対値はないのである。
「水と安全があれば幸福」という話は極端に聞こえるが、
それを否定できるものでもない。一種の原理原則だからだ。
まあでも実際にそう言う人が、
その通りのシンプルな生活をしてるかどうかは別の話だけどね。


勝間氏ブログコメント欄にあったけど、
2008年にひろゆき氏の書いたこんなのもある。
無敵の人の増加。

ちなみに、こちらもどうぞ。
【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。
ASSIOMA (大元 隆志)



【追記】
双方、ちょっと反省モードのエントリをアップしています。

勝間さん対談の睡眠不足の反省と、幸福論
(ひろゆき@オープンSNS)

てか、「口げんかっぽい粗野な対応」をしてる自覚はあったのねw

ひろゆきさんとの対談について、心から非礼をおわび申し上げます
勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

こちらはあちこちで炎上していたこともあり、平謝りモード。
by shinobu_kaki | 2010-05-05 07:18 | エウレーカ! | Trackback(2) | Comments(8)


「国民の、ITによる、日本復活」書き起こし
孫正義&三木谷浩史



ブックマークとしてエントリ。後で何度か読もう。
by shinobu_kaki | 2010-05-01 17:24 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

やずやの件。



やずやが就職の選考に落ちた学生に対して
「敗者復活」と称してYouTubeに動画をアップさせネットで炎上に



確かに色々と気の毒な結果になっている。
この学生はもとより、
やずやの社長も「非公開にしろって言ったのに…」と
怒り心頭なのではないだろうか。

やずやの社長の公式コメントにもあったように、
社長の本音としては、
「非公開のご案内はしていたにもかかわらず」
ここだろう。
「こちらの配慮が欠けていた」という言い方は、
裏を返せば「(相手は)思った以上に分かってなかった、バカだった」
という本音に対するオブラートだからね。

しかし、最初のリンクのコメント欄に
「まだ就職していないのに思いも何もないだろ」とあったように、
面接の時のアピールってなんだか不思議な世界ではある。
確かに学生だから、その企業に対する印象なんてそれほど深いわけがない。
「子供の頃に病気で生死の境をさまよって、やずやで元気になりました!」
だったらいいのか?
それもなんだかナンセンスだ。
結局、人を見る判断基準というものがない、ということだろう。

かつて「課長島耕作」の中で、
「大企業の採用なんてもんは正直言って大ざっぱだ」というセリフがあった。
人事の人間の言葉として出てきたのだが、
確かにある程度そうならざるを得ないという部分はあるだろう。
だからざっくりと学歴で採用が決まったりもする。
ところで学歴で人を判断するのはまるで不公平なように言われるが、
(まあ「偏重」が良くないというのは確かにその通りだが)、
逆にこれは非常に公平な「身分制度」なのである。
古い言葉に「皇族といえど東大に入れず」というものがあり、
要するに誰でも勉強ができるようになればのし上がれるということなのだ。
そこで声高に反対を唱えるというのは、
言わば「機会の平等」ではなく「結果の平等」を求めることになるのであって、
とうてい冷静な声とは言えないだろう。

話が逸れたが、この学生はどうなるのかな。
やずやとしては採りたくないだろうが…。
逆に世論をかわすために採用するのであれば、
企業としての芯が少々緩いと言わなければならないのではないか。

結局、「ネットは怖いね」という事件だったように思う。
by shinobu_kaki | 2010-04-26 07:27 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31