カテゴリ:エウレーカ!( 412 )

a0022014_14581990.jpg

今朝の日経新聞にフリーダ・カーロの紹介があった。
メキシコの女性画家である。
2002年、サルマ・ハエック主演で映画にもなっている。
僕も観たけれど面白かった。というか、美術がとてもキレイだったな。

フリーダについての(個人的な)謎は2つある。
ひとつは、なぜあれほどまでに自画像を描き続けたのかということ。
しかも美化して書いておらず、
もともと眉毛の濃いフリーダはその自画像においても完全に眉がつながっている。
なじみの深いところで言うと「こち亀」の両津のような眉毛なのだ。
そればかりか、自画像を見ると口ひげまで生えている。
このあたりの「男性ホルモン優位」な描写は、
彼女がいわゆるバイセクシャルだったことと関係があるのだろうか?
この写真なんか見るとそうでもないですけどね。

そしてもうひとつの謎は、
上記ともかぶるが、なぜ眉毛を剃らなかったのだろうということだ。
もちろん美の基準は人それぞれではあるし、時代や地域性においても異なる。
おかめちゃん系が美人とされたらしい平安時代や、
首の長い方が眉目秀麗と言われるアフリカの某部族の例を出すまでもない。
だが1900年代前半のメキシコにおいて、
そのような個性が「美しい」とされたことがあっただろうか?

まあ、「芸術家だから」の一言で終わる話でもあるんですけどね。


他にもラテンアメリカの誇る芸術家と言えば、
詩人のパブロ・ネルーダがいる。
彼は「イル・ポスティーノ」という映画にも登場している。
故フィリップ・ノワレがネルーダを演じた。
映画の舞台はカプリ島。こないだ「カプレーゼ」のエントリで書いた。

有名な言葉で「ペンは剣よりも強し」というのがあるが、
最近やはり、言葉を「武器」にした偉人をカッコいいと感じる。
ネルーダしかリ、(なぜか)アーサー・ミラーしかりである。
サム・シェパードだってあのルックスに加え、
優れた脚本をものにする知性があると感じられるからこそ、
あそこまで素敵に映るのだと思っている。

現実は少年ジャンプではない。ケンカが強いものが魅力的、ではないのだ。
(基本的に少年ジャンプは殴り合い漫画が多かった)
歳が枯れれば腕力も衰えよう。
物理的に戦ったとしても勝ち目は薄いだろう。
だが、成熟した大人の、本当のカッコ良さというのはそこではない。

年月をへるごとに年相応の知性を身につけていく、
ゆっくりとでいいから自身の教養を深めていく。
それがいわゆる「良い歳の取りかた」なのだと思う。
by shinobu_kaki | 2009-07-15 14:57 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

キリン&サントリー。


びっくりしたニュース。

キリンとサントリー、経営統合へ-nikkei net


統合・再編の波は、凄いところをくっつけてきました。

やっぱりこれをとりわけ大ニュースと思うのは、
自分にとって、ビールなどの飲料が身近な商品だからだよね。

ちなみに僕が日々帰ってから飲む「家ビール」は今、モルツです。
プレミアムじゃなくて、普通の。
なぜモルツかというと、スッキリした感じがしてちょうどいいんです。
前はエビスだったけれど、エビスだと毎日は重過ぎる。
でも発泡酒や第3種のビールも飲んだけれど、
なんやかやのバランスで、プレーンなモルツが一番しっくりきたんですね。
そんなモルツはサントリー。

ではキリンは飲まないかというと、最近は確かに飲んでないですね。
売り場でも、一番搾りや淡麗を選んでいない。
でもキリンには、ハートランドがある。
ハートランド・ビールがある限り、キリンは日本のビール市場において、
ちょっと特別なブランドなのだと思います。
それくらい、ハートランドは素晴らしい。

統合した場合の商品のデザインというか、アイデンティティはどうなるんだろう?
何よりキリンのビールは、パッケージに必ずと言っていいほど、
あのキリンのイラストマークが入っているでしょう。
あれが入っているだけでキリンの商品だと分かる、非常に雄弁なマーク。
でもサントリーと共存しようとしたら、あのマークを打ち出していけるのか?
それとも会社の事情とは別に、商品のブランドは今まで通りと解釈し、
デザインはそのままで継続するのか。

何にせよ、ちょっと驚いたニュースでした。
社内の人事も「旧キリン派」「旧サントリー派」で二分されたりして…。
どっかの銀行みたいにね。
by shinobu_kaki | 2009-07-13 09:00 | エウレーカ! | Trackback | Comments(7)

鳥山明は希代の絵師。


鳥山明って本当に上手いんだよね。

鳥山明が描いた千秋の似顔絵のクオリティーがヤバイ
(ネタちゃんねる)


上記リンクにある千秋のイラスト、
素晴らしく完成度が高いし、何よりめちゃくちゃ似ている!
特徴を捉えていて誰が見ても千秋ってわかるものね。
いや、あらためて感心しました。

あとリンク先には「17人の漫画家によるブラックジャック」などもあり、
なんというか非常におかしいです。藤子不二雄Aのとかツボ。
by shinobu_kaki | 2009-07-09 08:34 | エウレーカ! | Trackback | Comments(2)
今日はちょっとした記念日だったので、
3人(2人+小さいの)でイタリアンを夕食に。

a0022014_21113315.jpg

ピッツァ・マルゲリータ。

a0022014_2112392.jpg

鶏ときのこのトマト煮込み。

a0022014_2112517.jpg

海老とキャベツのパスタ。

イタリアンって美味しいよね。
娘も少しだけいただきました(ピッツァの端っこ)。


ところで、本日見つけた話。
AVANTI 7月4日放送分
「アラビアンナイト」
より

『アラビアンナイト』にはシャハラザードという賢い女が登場する。
ある非道な王様が、夜伽の女を次々に殺していた。
そこでシャハラザードは一計を案じ、
夜伽の後に王様に物語を語って聞かせる。
そして朝が来ると物語の佳境で語るのをやめるので、
王様は続きを聞きたくてシャハラザードを殺せない。
それが毎晩繰り返され、気がつけば千一夜が過ぎていた……
という体裁で様々な物語が綴られる。

阿刀田高(作家)


有名なシェヘラザード姫の物語、アラビアンナイト。
つまり「千夜一夜物語」。

梅雨の夜長にひととおり読んでみるのもいいかもね。
あらすじはこちら↓↓↓
千夜一夜物語のあらすじ-wikipedia
by shinobu_kaki | 2009-07-04 20:00 | エウレーカ! | Trackback | Comments(2)

癒される。


お疲れのあなたに。
ネットで見つけて、本当に癒されたのでおすそわけ。

    _
   /〜ヽ
  (。・0・) あのねあのね
   ゚し-J゚

    _
   /〜ヽ
  (。・o・) う〜んと、ね
   ゚し-J゚

    _
   /〜ヽ
  (。・-・) えっと…
   ゚し-J゚

    _
   /〜ヽ
  (。;-;) 忘れちゃった
   ゚し-J゚


他にもたくさん癒されます。
このAAの可愛さは異常 その1


今日から7月ですね。
なんか、6月はあっという間に過ぎていった。

夜寝る時だが、
ネットやら何やらいろいろやっていていい時間になり、
「さて、そろそろ寝た方がいいかな」
みたいに寝ることが、まずなくなった。
自分の意志より先に眠さの限界がくるのである。
「もーダメ。寝る寝る寝る寝る」
みたいな感じだ。

子供が生まれてからは特に、
生活のプライオリティが家庭に集中している。
それ自体はまったく良いのだが、
やっぱり友達と疎遠になりがちなのが寂しいね。
こないだ、懐かしい友達に連絡を取ったが、
彼は前にいた場所から引っ越していて、
「住所とか、改めて連絡する」みたいな返信がぽつりと一度来たきり、
その後のメールにも返信がなかったりする。
どうしちゃったんだろう、と思いながらも、
何年もろくに連絡を取らずにいたので、何というか、
彼の人生の周辺から自分自身の存在が外れてしまったのだろう、
そんな風に思われ、それはやっぱりとても寂しい。
学生の時は毎日のように会っていた友人だけに尚更ね。

人はいつまでも同じ関係性をキープできるわけではない。
人生の状況が変わるごとに、人間関係も変化していく。
そこを最小限に押さえ、つまり偏ることなくつきあいを続けて行ける人は、
いわゆる「バランスの良い人」なのかもしれない。
僕はどちらかというとそうではないので、
そんなバランスの良い人を羨ましいとも感じるし、
どうしたらそういう風にできるんだろうとも思う。
だが多少の変化はあれども、
人間の質というのは基本的にはあまり変わるものではない。


さて、と。
梅雨が晴れるまで、もう少しの辛抱だ。
by shinobu_kaki | 2009-07-01 06:45 | エウレーカ! | Trackback | Comments(3)

新聞4コマ総集編。

a0022014_8401414.jpg

…とまあ、こんなのばっかり載ってるサイトです。


新聞の4コマって、つまんないけどついつい見ちゃうよね。
(ネタちゃんねる)


新聞の4コマって、破綻がないのが特徴だ。
何しろ毎日の清涼剤程度のポジションのものだし、
新聞というのはあらゆる人が読むであろう公器なのだから、
面白過ぎてはいけないのがサガである。
サザエさんに性や暴力の匂いがしないのも同じような理由だよね。
国民的作品というのは突っ込みどころがないように、
「いい子」でなければならないのだ。

だからこそこんな風にコラージュしたりして、
楽しむ余地があるというものでしょう。
ちなみに上に貼った見本は板垣恵介の「バキ」が元ネタである。
この「コボちゃん」の絵はそもそも、
とぼけた味わいがあってシュールに見えなくもないしね。


ところで話はぜんぜん違うんだけど、
僕の使っているMacのバージョンは、OSX 10.3.9である。
これだと最新のフラッシュプレイヤーが使えないなど、
色んな不具合があるようだ。
というか実は僕は未だにパソコンに疎いので、
システム的なところがよくわかっていない。
フラッシュの件にしても、本当にそうなのかとかね。
調べてみてもどうも確信が持てない。
知らずに損をしていることがたくさんありそうで困る。
by shinobu_kaki | 2009-06-28 08:48 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)
村上春樹氏のエッセイ「村上ラヂオ」を読んでいたら、
「ドーナツの穴はいつ誰が発明したか」という一説があった。

それによると、1847年のアメリカのメイン州の町で、
ベイカリーの見習いとして働いていた、
ハンソン・グレゴリーという15歳の少年が発明者だそうだ。
そこでは揚げパンを毎日たくさん作っていたのだが、
中心に火が通るのに時間がかかって効率が悪かったのだ。
ある日ハンソン少年が、パンの真ん中に穴をあければ、
熱のまわりがずっと早くなるんじゃないかと思って実行してみた。
すると揚がる時間も確かに早くなり、
しかも穴のあいた「それ」は形は奇妙だけどむしろ食べやすかった。

そんな話である。これは「ちゃんとした本に載っていた話」として、
村上氏本人も「本当の話みたいだ」としている。

でもって、ネットで一応調べてみると、
同じくハンソン・グレゴリーという人物は登場するものの、
彼は少年ではなく立派な「船長」であり、
しかもその発想のきっかけも、
「操舵輪を握っているあいだ、舵輪のスポークにひっかけるため」
というものが多く見られた。

さて、どっちなのであろうか。

ちなみに僕は甘いものはほとんど食べないたちだったのだが、
妻と駅前のミスタードーナツに何度か行くうち、
ドーナツがそれなりに好きになってしまった。
小さい子供連れに優しいのも行きやすい理由のひとつだが。
by shinobu_kaki | 2009-06-23 11:36 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

0622日経より。

月曜日、6月22日の日経新聞より。

上場企業のワークシェア、導入5%どまり 民間調べ
ワークシェアを導入しないと答えた企業に、今後導入する予定が
あるかどうかを聞いたところ92%が今後も「導入しない」と答えた。
ワークシェアの問題点をたずねると「業務分担や引き継ぎが難しい」
「生産性が低下する」などの回答が上位を占めた。

読んでておかしかったのだけど、
「業務分担や引き継ぎが難しい」「生産性が低下する」ってそりゃそうだよね。
そこをある程度、犠牲にしてやる前提の制度なわけだし、
ものすごく予想通りのコメントとも言える。
個人個人の収入も売り上げも維持したい、でもワークシェアしたいって、
相反することをしようとするわけだからもちろん難しい。
言ってみれば、みんなが少しずつ貧乏になろうということだから。

あと、夏のボーナス大幅減額とか。
僕は前の職場の途中から一律年俸制に切り替わって、
今の会社も初めからそうなので、夏のボーナスってのがご無沙汰なのです。
どっちかというと初めからないものと思っている。
もちろんマイナスじゃなくて、年俸に集約されているという形でね。
そう思えば、ボーナスって実は変な制度だよなあと思う。
文字通り「特別賞与」であって労働の正当対価じゃないわけでしょう?
ということは不確定ですよね。でもそれを当てにするという…。

ブラジルと米国が準決勝へ、4強出そろう コンフェデ杯第6日
各大陸の王者が集う、コンフェデレーションズカップ。
2001年は決勝でフランスに1-0で破れたものの、日本が準優勝に輝いた。
今回は日本は出場してない。アジアカップでオシムジャパンが負けたからね。
ブラジルはイタリアに3-0で勝ち、アメリカはエジプトに同じく3-0。
ベスト4は南アフリカ、ブラジル、アメリカ、スペイン。
地元の南アフリカは別として、アメリカが入っているのが違和感かもしれないが、
もともとアメリカはワールドカップでも結構強いのだ。
アメリカのサッカーリーグは欧州よりレベルはかなり落ちるものの、
イングランドプレミアリーグやドイツブンデスリーガに、
何人もの選手を輩出している国なのである。
なによりアメリカはサッカーの競技人口が世界一多いと言われる。
まあスポーツ人口の母数が多いからと言えばそれまでだが。

という感じで一週間の始まり。
by shinobu_kaki | 2009-06-22 11:50 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

してして。


a0022014_18411684.jpg

右上のバナー。

こーゆーのは誤植なのかな?
by shinobu_kaki | 2009-06-18 18:41 | エウレーカ! | Trackback | Comments(2)

「1Q84」が記録的な売れ行きらしいですね。
16日現在で1巻が68万部、2巻が59万部の計127万部とのこと。
僕は売れ過ぎているものに食指が伸びないタイプなので、
かえって白けてしまったようで買ってません。

かつて村上春樹が「風の歌を聴け」でデビューした時に、
角川の社長の「角川春樹」がすでに有名であり、
ちょい年下ながら芥川賞作家の「村上龍」がすでにいたので、
村上春樹という作家名は2人の名前を頂いたように見えてしまい、
「ペンネームとしてもそりゃちょっとないんじゃないか」
という話が出たそうです。
でもご存知のように村上春樹はれっきとした本名なので、
言われたほうも迷惑というものでしょう。

ちなみに全日本柔道連盟会長で「上村春樹」という人がいて、
これなんか新聞で見た時は一瞬、誤植かと思ったものね。
なんだか紛らわしいよなあと思いながらも、
こちらの上村春樹もれっきとした本名であるから、
そんなこと思われたほうも迷惑と言える。

ペンネームと言えば、むしろ村上龍のほうがペンネームらしい。
とはいえ本名は「村上龍之介」で、「之介」を取っただけ。
これは同じ作家として「芥川龍之介と同じ名前では恐れ多い」という理由。
先人へのリスペクトとは、なかなかいい話だと思う。

村上龍と言えば「Yahoo!知恵袋」で、
経済評論家の村上龍氏が、
かつては村上春樹氏と並んで日本を代表する小説家だった、
というのは本当のことでしょうか?

という嫌みとも冗談ともつかぬものすごい質問があり、
これはこれだけで強烈な批評になっているなあ、と感心したり。

まあこれは、
経済評論家としての活動が盛んということの裏付けとも言える。
以前の作家のままでいてほしいというのは、
本人からしてみれば余計なお世話ということになるしね。
by shinobu_kaki | 2009-06-18 14:00 | エウレーカ! | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31