<   2008年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


たぶん、才能がある人はロジックは要らないんですよ。
おそらく直観で全部できちゃうと思うんですよ。
でも、そうじゃない人はやっぱりロジックで、
それを見える形にするか隠す形にするかは別として、
ロジックがないとやっていけないですね。

日本の学者はロジックが破綻しているのが多いんです。
基本的には羅列型が多いんです。
それでヨーロッパの学者は非常に論理的なんです。
現実は、世の中そんなに論理的じゃないんですよ。
論理というのは何かというと、記憶力のための道具なんですよ。
物事を整理して、記憶しやすいようにするための道具。

覚えるためには論理が必要なんです。
論理とか物語とか、そういったものがないと、
大容量の知識を詰め込む事はできないんですよ。
だから、論理が発達するんですね。

米原万里(ロシア語会議通訳・作家)
「米原万里対談集」より


なんで先のエントリのようなことを書いたんだろう、
と自分で考えてみたんだけど、きっとこれだな。
今、米原万里の対談集を読んでいるからだ。

彼女自身は2006年に癌で死去しているのだが、
著作、ことに対談集などを読むにつけ、
生前のような生き生きとした言葉のやりとりを感じる事ができる。

米原万里は相当な毒舌家として知られた人だ。
こういうタイプの人は個人的に苦手なタイプとは思う。
僕は元来、自らを「毒舌家」とする人がどうも好きになれない。
毒舌をエクスキューズに、言いたい事を言ってずるいとすら思ってしまう。
「愛ある毒舌」などと言っても、言葉の刃は言葉の刃である。
しかし米原万里の経験・見識はリスペクトせざるを得ないし、
文章や発言は深いうえに広く、何よりすばらしく面白い。

毒舌とは言ってみれば他人とのコミットメントのひとつの形で、
結果として傷つけあう事になったとしても、
相手と関わろう、関係しようという積極的な姿勢がある。
僕なんかは臆病で傷つくのが怖いタチなので、
「本当につらかったし嫌な思いをたくさんしたけど、良かった」
というパターンはないね。嫌な事は嫌な事で残ってしまう。
だから摩擦を避けようとする傾向にあると思う。
こういうのは生き方の違いと言ってしまえばそこまでになる。
僕だって時々、もっと鮫のように何でも飲み込んで、
要らないものだけ吐き出しゃいいじゃん、
小骨がささったっていいじゃんと思わないでもないが、
食べたくない、食べられないものを食べた時の不快感が嫌で、
なかなか一度すべて飲み込む、ということができない。
鮫だからありつける美味、というのもあるかも知れないのだが。


上の言葉は「言葉を育てる 米原万里対談集」というタイトルで、
さまざまな人との対話を収めた本の中から拾ったものだが、
この発言についての対談の相手は糸井重里だ。
他の人との話を読み比べてみて思うのだが、
糸井重里は相手の言葉を引き出すのが上手だよね。

他にも面白いエピソードが多く、オススメの一冊。
エリツィンとゴルバチョフの面白いほどの対比とか、
ロストロポーヴィチの天才エピソードとか。
by shinobu_kaki | 2008-09-30 14:19 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(0)

Passive life.

見知らぬ人ばかりのコミュニティに、
自分からポーンと積極的に飛び込んで行く事が苦手だ。

何を出し抜けに、と思われるかも知れないが、
時々こうして自分の性格というか性向を、
きっと確認したくなる部分があるのだと思う。

「それじゃダメだよ、自分からどんどん行かないと」
という意見を言う人はこういうケースでは多くて、
実際そのように努力してみることもあるのだが、
そういうことをすればするほど、
「苦手なことを無理して努力している人」
という見え方になってしまい、
自分としても不本意なその行動にギクシャクするのか、
まあ良い結果を生んだことは(多分)一度もない。

ここで誤解しないで頂きたいのだが、
僕は何も「新しい場所に飛び込む事が苦手」と言っているわけではない。
「自分の事をまったく知らない人ばかりの場所に行き、
かなり積極的に自己アピールすることがどうも上手くない」
と言っているのである。かなりパッシブな人間であると言える。

こういう人はどうすればいいのだろうか。
おそらく自分自身の「パッシブさ」に逆らう事なく、
地味に静かに、しかし確かにその場に存在し、
「その時」が来たらすかさず存在感を放つというのがベターか。
それか、これはちょっと特殊なケースだが、
既に何がしかのネームバリューを得た上で参加し、
存在感の上でいくらかのアドバンテージを持っていると楽なのだ。
こういう人はほとんど黙っていてもいいからね。


…とまあ、何か書こうと思って深く考えずに書いてみたが、
当てはまっている気もするし、当てはまっていない気もする。
ただ言える事があるとすれば、
自分の得意不得意は知っていたほうが楽だということ。
知っているだけじゃなく、流されずにそれを守る強さが必要だということ。
そうは言っても小さな痛みを恐れていると、
コミュニケーションの幅が小さく狭まってしまうということ。
さらに、一切の反省や自省は本当は不必要なものであるということ。
by shinobu_kaki | 2008-09-30 11:59 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

ぜひ見てみてー。
すごい面白くてカワイイから!
(って、めちゃくちゃ素人っぽいコメントでスミマセン)


博報堂DYメディアパートナーズ リクルートサイト


ここの、「case study」というところ。
実際の仕事の流れを架空ストーリーで紹介しているんだけど、
なんかチョコチョコ早口でしゃべってる感じが(・∀・)イイ!

あと「site map」の見せ方も、
「まさにサイトマップ」という感じでクレバーだね。
それに「Freshman's Day」も、
ケチャップのハインツで話題になった表現を使っていてキュートである。


ちなみに今これを書いていて思ったんだけど、
「イマっぽくてイイ」という適切な言葉を見つけられず探してしまった。
ふた昔前なら「トレンディ」、もっと前なら「ナウい」とかがあるが、
もちろん今の時代にはまったくそぐわない。
「コンテンポラリー」という言葉もまるで古い音楽ジャンルみたい。
そう、ニューミュージックみたいにね。

個人的には「かわいさ」というのは
ここ10数年来のポイントだと思っていて、
だからつい「キュート」という言葉を選んでしまった。
特に商品の魅力に対する価値観というのは基本的に若い女性のそれでしょう。
だから「かわいい!」が最上級の褒め言葉になりうるのだけど、
「かわいい!」というのは最上級評価であると同時に、
非常に大ざっぱという感じもするね。結局2択になってしまいそうな。


今の新しさ、を示す適切な言葉。なんだろうね。


Yahoo!知恵袋によると、今はないそうですが、やっぱりないのだろうか。
by shinobu_kaki | 2008-09-29 16:39 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

秋と来客と娘の入浴。

今日は寒い。
ひんやりと秋っぽくなってきた。

先週まで半袖がちょうど良い気候だったのだが、
思えば9月も終わりという季節なのだ。
パーカーを羽織って出勤。
ええ、服装カジュアルな会社です。

土曜日は午後から友人が来てくれた。
どうやら外面の良い娘は終始おとなしい。
旅行の写真などを見ながらおしゃべり。
ハワイやドバイの旅行写真を見たりして過ごす。
日が暮れた頃に解散。
楽しかった。また来てくださいね。

その夜の娘はなんだか無意味に元気で、
一緒にお風呂に入ってクタッとしたと思ったら、
とにかく深夜になっても頑として眠らない。
午前1時から2時間ほど眠った僕が、
明日が休みということもあるのでバトンタッチ。
ひたすら抱っこしたりバウンサーに置いてみたり、
ラッコのようなスタイルでソファに寝そべったりね。
しかし依然として眠る気配なし。寝ていいんだよ?

次第に夜が明けてきた。
初めて、ミルクを作って飲ませてみる。
よほどお腹が空いていたのか、
普段は母乳専門のこの子もさすがにミルクをゴクゴクと飲む。
しかもおかわり(!)を要求してきたので、
もう一度、下僕のようにミルクをこしらえて飲ませる。
結局一人前の1.5倍は超える量をお召し上がりになりました。

それでも彼女は午前8時過ぎまで眠る事なく、
しかも飲みすぎがたたったのか(まあ当然なのだが)、
突如マーライオンのようにミルクを吹き出す姫なのであった。
とうに起きていたヨメと2人で、
またしても下僕のごとくお吹き出し物の後片づけをする。
そんなこんなでようやく娘も眠りについたのだった。
リズムがまだ出来ていないとはいえ、眠くないのだろうか?
娘に眠くないの?と聞いても「クゥー」としか言わない。
そして僕もようやく昼寝。

午後12時半に、ファイナンシャルプランナー来訪。
保険のことやらなんやかやを話す。こちらから最後に質問攻め。
2時間ほどいて、帰っていった。
その間も、やはり娘はおとなしい。外面の良い女の子。

夕方、僕1人で1時間ちょい駅前へ。
買い物などをして、帰る。
夕飯に焼うどんを作って食べた。その後は娘と一緒にお風呂だ。
平日は帰りが遅いので出来ない。これは休日の楽しみ。
お風呂に入れると気持ちよさそうにする娘だが、
今日は顔にベビーソープを含んだお湯がかかってしまい、
新体験の不快さに終始号泣する姫であった。ごめんね。

睡眠不足の僕は、10時前には横になり、
そのままこんこんと眠ってしまった。
今朝の起床時間が朝7時だったから実に9時間睡眠である。
まともに娘の生活と向き合うと極端に睡眠不足だ。
これを毎日やっているヨメはなるほどしんどいよなあ。
いつもお疲れさまです。
by shinobu_kaki | 2008-09-29 11:11 | パパなのだ。 | Trackback | Comments(4)

福山雅治の露出。

福山雅治の露出が異常に多いね。

a0022014_1684854.jpg

福山の公式サイト「ましゃまろ通信」によると、
(それにしても何といい具合に力の抜けたサイト名だろうか)、
9月に入ってから雑誌の表紙に起用されてる割合がすごい。

■9/5(金)『+act(プラスアクト)』
■9/10(水)『MEN’S non-no―増刊号』
■9/10(水)『週刊ザテレビジョン』
■9/14(日)『T.』
■9/16(火)『DIME』
■9/21(日)『東京カレンダー』
■9/24(水)『INVITATION』
■9/24(水)月刊『ザ・テレビジョン』
■9/24(水)『マンスリーm』
■9/24(水)『TVtaro』
■9/24(水)『TV nabi』

上記の雑誌すべて、表紙が福山雅治なのである。
こんなんありか。

しかも、10月は10月で、

■10/3(金)『小学5年生』
■10/4(土)日経エンタティメント
■10/4(土)『キネマ旬報』
■10/6(月)『ダ・ヴィンチ』

これだけの雑誌が福山を表紙に起用する事が決定されている。
ほとんど雑誌ジャックである(ジャックは言い過ぎだが)。

10月のNewシングルリリースとか、
映画「容疑者Xの献身」への主演の件とか、
そういった諸々が関係して、
これほどの事務所の猛烈プッシュとなっているのかもね。

福山雅治は男女問わず人気が高い。
女性人気はまあ分かるが、男性からの人気の秘密は、
福山が「かなり変態っぽい」事と無関係ではない。
(詳細については福山雅治「実に気持ちいい」でLet's検索!)
あれだけのルックスを誇りながら変態であることを惜しみなくさらす、
非常に得難いキャラクターであると言える。

と、こう書くと、なんてことなかったはずの
このエントリのタイトル「福山雅治の露出」が、
にわかに香ばしさを帯びて見えてくるのは僕だけではないはずだ。

まあ、変態イケメン(←褒めています)の話は
これくらいにして。


昨日は久しぶりにタクシー帰りだった。
仕事が終わったのが実に午前2時過ぎだったからである。
青山通りまで歩いて、個人タクシーを拾い、
(どうせなら個人タクシーがいいよね)、
後部座席に横になり、目を瞑ってキトについた。
キトは南米エクアドルの首都で、赤道直下に位置しており…
というのは間違いで、ついたのは帰途である(スミマセン)。

タクシーのラジオが小さくビートルズ中〜後期の曲を流していた。
「音楽、消しますか」と運転手に言われたが、
「いや、いいですこのままで」と答えたのだが結局一睡もできず、
エリナー・リグビーやレボリューションなどを聞きつつ、
気がついたらもう家に着いていたのだった。
時計を確認すると、会社からここまでおよそ40分。
タクシーの中の時間を仮眠に当てるはずだったのだが当てが外れた。
ビートルズを消してもらえば良かったかな。

今日はぼんやりと眠いです。


では最後に、今日はこんな気分…という一曲。
ビートルズでもなく、福山でもなく。
youtube「You Light up my life」
by shinobu_kaki | 2008-09-26 16:02 | エウレーカ! | Trackback | Comments(5)

品川慕情。

仕事の用で品川へ出た。

何ヶ月ぶりか(いやもっとか)の品川駅前は、
かなり立体的かつIlluminationaryでキラキラとしていて、
いまやどっちかっつうと鈴虫コロコロな場所に住んでいる僕としては、
なかなかに圧倒されるものがあったのだった。
東京的な夜景って久しぶりだからね。

ここで言う「東京的な夜景」というのは、
西新宿や六本木、愛宕あたりから見下ろす景色のこと。
光の海を演出するにはビルが密集していなければならない。

トコロ変わって今は会社。
仕事の返事を待っている。
どうにもからっぽな時間。
by shinobu_kaki | 2008-09-25 21:18 | チープ・トリップ | Trackback | Comments(0)

初めてのメール。

母親から初めてのメールが届いた。
「携帯メールを覚えてくれれば、赤ちゃんの写真が送れる」
何週間か前の電話でそう話したからだろう。
思えば、母親はメールを使った事がなかったので、
今回はよほど頑張ったのだと思う。
まったく新しいテクノロジーに触れることは、
誰であれ、なかなかの労力を要するものだからだ。
母親にとって初孫となる我が娘の写真を、
さっそく何枚かセレクトして携帯メールで送ってみた。
しばらくして「感激して涙が出た」との返事が返ってきた。
良かった良かった。

会社で風邪が流行っているようだ。
子供に伝染してはいけない。昼休みにマスクを買ってこよう。


ちなみに「うつる」は「伝染る」と変換できない。
変換の候補に入っていないのだ(他のパソコンはどうだろうか?)。
だからわざわざ「伝染」とタイプしてから文を繋げるのだが、
そもそも「伝染る」というのは吉田戦車の一世を風靡した漫画、
「伝染るんです」がこの表記の最初だろうか?
by shinobu_kaki | 2008-09-24 10:56 | パパなのだ。 | Trackback | Comments(4)
もうすぐ年俸交渉の時期なのでまた変わるかもしれないのだが、
自分の仕事における「時給」を計算したら、2,000円ちょっとだった。
決して高くない。しかも通勤時間を入れると、もっと安くなる。

コストパフォーマンスは「費用対効果」などと訳され、
ものの価値の計り方のひとつとして用いられる。
すなわちコスト、お金である。

僕は拝金主義でもなんでもないが
(むしろ「廃金主義」とすら言いたくなるタイプだが)、
お金というのは確かにひとつの明確な価値基準になりうる。
価値基準とは「共通のものさし」ということだ。
主観的な「満足度」であるとか、「喜びの深さ」というものは、
ものすごく大事ではあるのだがものさしになりえない。
人によって目盛りの幅が違いすぎるからだ。
日々レートは変動すれども、基本的にお金というものは、
まるで交差点の信号のように一定だ。

コストパフォーマンスの悪い人生を歩いて来た。
いやずっと同じ仕事を続けてこられたのだから、
むしろコストパフォーマンスのいい人生じゃないか、と言う人もいる。
なるほどその部分においてはそう見えるかもしれない。
でも僕は、その愚かさにおいて、さらにその浅薄さにおいて、
さまざまな不効率な選択肢を選んで来たのだ、と思う。

しかし、これは誰もがそうだが、そのうねった回り道であるとか、
それた脇道であるとか、開けるべきでなかった「大きいツヅラ」であるとか、
それらすべての間違いを含めた総体が、今の自分自身なのだとも思う。

まったく同じことをもう一度やれと言われれば絶対に嫌だけれど、
今のところ、なんとかここまで生き延びている。
小さい頃はとっくに破綻していると思っていた人生だが、
素晴らしいスペックというわけではないにしろ、どうにか歩いている。
もちろん危機や凋落の可能性というのは背中合わせに存在しているが、
ともかくこれからも生き延びる為に何かしようと思える、
それだけで僕としてはなかなか上出来じゃないかと思う。
朝のコーヒーもおいしいしね。

このところ天気の波がやたらに激しい。
見たことの無いほどの激しい雷雨が降り注いだと思えば、
今朝のように夏の陽射しが帰ってくることもある。
地球のコンディションを心配してしまうほどの急激な天気の変動である。

「一度、何もかも壊れてしまえばいっそ爽快じゃないかと思いますよ」
以前、同僚がそういったことがある。
僕も以前はそう思っていた。そうして、よくそんな想像をしていた。
自分たちの住む街が、例えば洪水に飲み込まれるさまを。
戦時中さながらに戦闘機が空を飛び回り、人々が家の中で震えるさまを。
巨大な地震が東京を揺るがし、高速道路や高いビルが倒壊するさまを。
それもいい、と思っていた。一度ゼロになればスッキリする。

でも、今はそう思わない。
家族ができたからね(ちなみに同僚は独身だ)。
そんなことになったら、嫁と、生まれたばかりの(多分)無力な娘が、
怖い目に会うかもしれないじゃないか。
まあ、実はこの娘に「サイボーグ00なんちゃら」みたいな
超能力がありました、みたいなオチだったら別だが。
by shinobu_kaki | 2008-09-23 09:09 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)
TSUTAYA DISCASで借りたDVD。
昼から娘を膝の上に乗せて観たのだが、
映画の終わりまでの2時間ちょい、娘は一度も起きなかった。
これは珍しいことだ。

映画の感想。
これだけの登場人物とエピソードを一本にまとめたのは、
かなりの力量と言わねばならない。面白かった。
主にキャストの面で、かなり贅沢な映画だったと思う。

●申し分のない副支配人 - 新堂平吉(役所広司)
 本作の主人公的位置づけだが、群像劇という映画の性格上、
 一登場人物に留まっている。いかにも誠実で信頼の置けるタイプ。
 部分的に破綻を見せるが、その破綻の方向がとても三谷幸喜くさい。

●議員の元愛人、今は客室係 - 竹本ハナ(松たか子)
 キレのいい啖呵がよく似合うのはさすが。
 戸田恵子と並んで、本作でもっとも魅力的な女性、という感じ。

●歌を愛するベルボーイ - 只野憲二(香取慎吾)
 どんな格好させても似合う人だね。

●能天気な総支配人 - 二階堂源一(伊東四朗)
 「ミンボーの女」でもそうだが、見ようによっては強面になるよね。

●アシスタントマネージャー - 矢部登紀子(戸田恵子)
 かなりのハマり役だったと思う。ナイスキャスト。こういう人いそう。

●怪しい、料飲部副支配人 - 瀬尾高志(生瀬勝久)
 「生イカが突っ立ったような」というのか?
 一回だけいいとこがありました。

●ウェイター - 丹下二郎(川平慈英)
 ハッピーエンドで良かった良かった。
 でも、女性的にはたしかにくどい?

●ホテル探偵 - 蔵人(石井正則)
 なんとなく謎の役回り。

●筆の達人筆耕係 - 右近(オダギリジョー)
 オダギリだったのか!使い方が贅沢すぎ。

●館内アナウンス(清水ミチコ/声のみ)
 声だけって。

●人生崖っぷちの汚職国会議員 - 武藤田勝利(佐藤浩市)
 設定に合ってた。というか合わせてた、か。
 役名の由来はやっぱり「後藤田正晴」だよね。

●議員の秘書 - 神保保(浅野和之)
 この人は「12人の優しい日本人」の印象につきる。

●神出鬼没のコールガール - ヨーコ(篠原涼子)
  最初は誰かなーと思いました。
 コールガールという微妙なあたりをてらい無くできるのはさすが篠原。

●堀田由美の現夫、マン・オブ・ザ・イヤー受賞者 - 堀田衛(角野卓造)
 飛ばしてたねー。

●事故に遭った大富豪 - 坂東健治(津川雅彦)
 この人だけでギャラはいくらなんだ、といらぬ心配をしてみたり。

●謎のフライトアテンダント - 小原なおみ(麻生久美子)
 売れてますよね。普通っぽかったが。

●飯島直介(田中直樹/「みんなのいえ」からのゲスト出演)
●飯島民子(八木亜希子/「みんなのいえ」からのゲスト出演)
 「あっ、いる!」と思った(笑)

●悲鳴を上げる女性(高島彩)
 本当に悲鳴を上げるだけでした。

●死にたがる演歌歌手 - 徳川膳武(西田敏行)
 「感じの悪い部分を見せる」→「嫌な目に遭う」というバランスを順守。

●演歌歌手の付き人 - 尾藤(梶原善)
 なんか異様な存在感があった。

●一九分けの芸能プロ社長 - 赤丸寿一(唐沢寿明)
 これを唐沢にやらせるあたりがまさに「贅沢」。

●スパニッシュマジシャン - ホセ河内(寺島進)
 ジャージのマジシャン役も違和感なし。

●不幸せなシンガー - 桜チェリー(YOU)
 最後に全部持って行きました。「リトル・ヴォイス」みたいで良かった。


紋切り型な表現で恐縮だが、ものすごくおかずの多い弁当を食べたような、
中国の満漢全席のような(食べたことは無いが)、とても満足感あふれる一作。
自分が映画監督だったら、これ一作で終わっていいんじゃないかくらいの、
かなり賑やかで華やかな映画でした。

今日は雨ということもあり、
夕食用の買い物以外では外に出なかった日。
娘はついさっき起きた。6時間近くぶっ続けで寝たことに。
よく眠ったねー。
by shinobu_kaki | 2008-09-21 17:12 | 人生は映画とともに | Trackback | Comments(3)

米原万里「本気の言葉」

われわれが、何か言葉を出すときのメカニズムというのは、
「本当はまだ言葉にならない状態があって、
心の中に言いたいことや考えや感情や、
そういったものが何となく形づくられてきて、
やっとそれをいいあらわすのに最もふさわしい言葉とか文の形とか、
それから言い方、スタイル…といったものが
まとまってきて声にになって出る」ということなんです。
しかし、官僚の書いた文案というのはそのプロセスを経ない言葉なんですよ。
感情のプロセスを全然経ない、表面だけの言葉というものには、裏がない。
言葉が生まれるプロセスを経ない。もう残骸みたいな言葉なんです。
そうすると、そういう言葉というのは、相手に入っていかないのね。
ところが、そのプロセスを経た言葉というのは、ちゃんと、
受け止められた時にまた入っていく。ほとんど相似形しているんですよね。

米原万里(ロシア語会議通訳、作家)
「米原万里対談集」より
by shinobu_kaki | 2008-09-21 11:41 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki