<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

心の置き所というのは日々移ろうものだ。

人の強烈な能力のひとつとして「慣れる」というものがあり、
その適応力たるや意外なほどあなどれない。
けっこうどんな状況でも慣れてしまう、良くも悪くも。
そして適応するのに合わせて心の置き所も変わっていく。

例えば、自分以外の何かに没頭する、
自分以外の何か良いものに触れると心の置き所が少し変わる。

物語が助けになるかもしれない。

なぜ映画や小説、ドラマなどの物語が
人々に欠かせないものになっているのだろうと思うが、
人は自分以外の、
つまり他人の物語を俯瞰的に眺める事によって、
救われる部分があるからではないか。
もっと言えば、ズームからワイドへカメラが切り替わるために、
物語という「デモ」が必要なのではないか。

だいたい悩みというのはその場その場にとらわれているということであり、
カメラがそれだけにズームした状態になるため、
なかなかそれ以外のことは考えられなくなってしまう。
カメラが、視点がひとつになってしまっているのだ。
だから、もっとカメラを引いて違う角度から見ている他人の一言が、
意外なほどの効力で悩みを解決してしまうのは道理なのだ。

言ってみれば、視点を切り替えることさえできれば、
悩みなんてどうってことはなかったりするのである。

そしてほとんどの物語は、
語り口はどうあれ「神の視点」で語られている。
全体を映すために俯瞰的なカメラで捉えられているのだ。
つまり視点が切り替わるのである。
視点が切り替わると、何かにとらわれている人の視点が変わる。
それがある心的状況から人を救うこともある、と思う。


これが自分なりに感じた「物語必要論」のひとつである。


仕事なんかも実にそうだけど、
あまりに忙しいと暗澹たる気持ちになることだってある。
だけど、思えば何かやってお金や評価をもらえるんだからなぁ、
という見方もできなくもない。
疲れすぎるようだったら?そうさせるものともっと闘うべきだろう。

実は一つ前に途中まで書いてやめたエントリがあるのだが、
それは、我々は刑罰を受けている罪人ではないという内容のものだった。
いや、宗教的にはそういう捉え方もあるかもしれないけどw、
少なくとももう少しだけ自由が保証されている。

だから状況に負けずに闘って切り開いていこう。
精一杯生きよう、いつかどこかで死ぬまでは。(←少し広範囲カメラ)


さ、今度はカメラをズームして。
連休前後はどうしても仕事が混み合うけど、
なんとか家族との休みを確保するためにがんばろうね、俺。
by shinobu_kaki | 2010-04-30 07:10 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

本質を見極めろ。


本質をとらえろ!!
うわべや見た目でない!!
常に物事の本質を!!
そうすれば…
おのずとトリックの本質が見えてくる…


杉本亜未「ファンタジウム」第3巻より


「ファンタジウム」は以前にも紹介したように、
少年マジシャン長見良が主人公の漫画だ。
主人公が天才という設定でありながら、
長見良は世の中に対してどこか心を閉ざしていて、
それは生い立ちと難読症という病気のせいかもしれないのだが、
まるで重苦しい通奏低音のように、
物語全体を通してどこか寂しさの漂う作品である。

冒頭の言葉はチェコ亡命のアメリカの有名マジシャン、
スミスが長見良に語った言葉だ。
細かい事を言えば最後の「本質」は違う言葉が良いと思うのだが(笑)、
もちろんそんなことはどうでもいい。
そして「マジシャン」を何に置き換えても機能する言葉だと思う。

思考停止せずに、どこまで遡れるか?

特に仕事をしていて思う。
話が来た時点の情報はだいたい誰かの色がついていて、
それは余計で軽はずみなバイアスだったりする。
疑わずに、話のままに進めてしまうと、
もともとの道筋が間違っていたりすることもあるのだ。
あるいはコストがかかりすぎる非効率な道かもしれないのだ。

だから疑ってみる。
ただし人ではなく情報そのものを。

できるだけ遡って解体することができれば、
あるいは「意表をつく正解」が導きだせるかもしれない。
それはほとんどオリジナルと呼ばれる見え方になってくれるかもしれない。
そう思う。


もうひとつ、この漫画の同じ3巻における言葉で、
印象的なものがあった。
誰かのセリフというわけではない。
それは、

「心から話すと、相手はそれを感じてくれる」

といった意味のものだ。
業界で悪いウワサの絶えない、いかがわしいプロデューサーでも、
嘘偽りの無い、本気の言葉は相手の心にそれなりに届いてしまう。
これも非常によくわかる。
そのままの魂をぶつける、というか…。
会話とは、言葉の選び方だけではないからだ。


というわけで「ファンタジウム」の最新刊、早く出ないかな。
by shinobu_kaki | 2010-04-27 07:43 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

やずやの件。



やずやが就職の選考に落ちた学生に対して
「敗者復活」と称してYouTubeに動画をアップさせネットで炎上に



確かに色々と気の毒な結果になっている。
この学生はもとより、
やずやの社長も「非公開にしろって言ったのに…」と
怒り心頭なのではないだろうか。

やずやの社長の公式コメントにもあったように、
社長の本音としては、
「非公開のご案内はしていたにもかかわらず」
ここだろう。
「こちらの配慮が欠けていた」という言い方は、
裏を返せば「(相手は)思った以上に分かってなかった、バカだった」
という本音に対するオブラートだからね。

しかし、最初のリンクのコメント欄に
「まだ就職していないのに思いも何もないだろ」とあったように、
面接の時のアピールってなんだか不思議な世界ではある。
確かに学生だから、その企業に対する印象なんてそれほど深いわけがない。
「子供の頃に病気で生死の境をさまよって、やずやで元気になりました!」
だったらいいのか?
それもなんだかナンセンスだ。
結局、人を見る判断基準というものがない、ということだろう。

かつて「課長島耕作」の中で、
「大企業の採用なんてもんは正直言って大ざっぱだ」というセリフがあった。
人事の人間の言葉として出てきたのだが、
確かにある程度そうならざるを得ないという部分はあるだろう。
だからざっくりと学歴で採用が決まったりもする。
ところで学歴で人を判断するのはまるで不公平なように言われるが、
(まあ「偏重」が良くないというのは確かにその通りだが)、
逆にこれは非常に公平な「身分制度」なのである。
古い言葉に「皇族といえど東大に入れず」というものがあり、
要するに誰でも勉強ができるようになればのし上がれるということなのだ。
そこで声高に反対を唱えるというのは、
言わば「機会の平等」ではなく「結果の平等」を求めることになるのであって、
とうてい冷静な声とは言えないだろう。

話が逸れたが、この学生はどうなるのかな。
やずやとしては採りたくないだろうが…。
逆に世論をかわすために採用するのであれば、
企業としての芯が少々緩いと言わなければならないのではないか。

結局、「ネットは怖いね」という事件だったように思う。
by shinobu_kaki | 2010-04-26 07:27 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

Arrangements.


今日は早い日。
6時に目覚ましをかけた。
それでもアラームが鳴る前に起きた。
最近起きてすぐにだと、視界がぼんやり白くて視界が利かない。
時間が経ってやっとフォーカスしてくる、
古い映像用の機械のように。

色々と整理をしたい気分だった。
片付けたい気分だった。
家の段ボールに無造作に突っ込んである、
伝票や書類や通知書面などを整理した。
日曜の朝の作業、ちょうどトッ散らかったあたりで
娘が不意に躍り出るように現れて驚いた。

おはよう。

書類整理は中座したが、
捨てるものとシュレッドするもの、取り置いておくものに分別し、
全体の分量を3分の2程度にはシェイプした。

「非ぬるま湯モード」とでも言うのか、
暖かな春の休日のような気持ちではなく、
もう少し切実な、
危機感を伴った具体的な行動をイメージする時期があって、
それは今までの人生に何度かあったのだが、
今、少しそういう気持ちになっている。
何かが変わるかもしれない。
変わらないかもしれないけれど。

それにしても娘は日々成長している。
なんとなく意思疎通ができるようで、
一緒に(自分の感覚では一緒に、だ)歌を歌ったりね。
もちろん彼女はフルコーラスで歌えるわけではまだないけれど。
そして妻と一緒にコーヒーを飲んで話をする時間があったりして、
やはりこういうのはいいな、大事だなと感じる。

さて、新しい一週間だ。
だいたい週単位で生きている感覚がある僕としては、
新しいリスタートが月曜日なのである。

がんばるか。
by shinobu_kaki | 2010-04-26 06:22 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

静かな夜に浸りたい、
ぐっとくるショートムービーのご紹介。


ナショナルジオグラフィック日本版
創刊15周年SPECIAL SITE 「私たちは、まだまだ、知らない。」



しっとりとした演出がいいですね。
忘れてしまった大事な宝物のような、そんなイメージ。
by shinobu_kaki | 2010-04-24 22:44 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

フラジャイル。


もう少し気軽に考えたほうがいいのかもしれない。
気軽と言うか、もっと軽やかに捉えていた方が。
感情というのはエスカレートするから、
ネガティブな時はとことんネガティブに、
どこにも行けないような気持ちになってしまう。
こういうことではいけない。

恐れるのは知らないからだ。
不安や恐怖を覚えるのは情報が不足している時だ。
人が暗闇を恐れるのと同様に、
そこに何があるかわからないから怖くなる。
これは一種の防御本能で、
逆に言えば身を守るためになくてはならない感情なのだろう。
臆病さ、というのはそういうものだ。

しかし何かを変えようと思ったなら、
必要なのは勇気であることも疑いの余地がない。
勇気は無謀と背中合わせで、常にリスクを伴うものだ。
逆に言えばリスクを伴いながらする決断を勇気と言うのだ。

慎重である必要はあるが、慎重になりすぎても動けない。
勇気を発揮して前に行く時は前に行かないと、
望む結果を得られない。


まったく、いちいち人生はサッカーみたいだ。

そう言ってしまうと陳腐に聞こえるかもしれないけど、
どうやら本当にそうなのだ。
なるほど、世界中でもっとも人気のあるスポーツなわけだ。

どんな試合をしても90分で終わりは来る。
勝つためにはまず守り、状況を見極めて攻めに出て得点を狙う。
技術は身を助ける。
スピードはあったほうがもちろんいいが、フルタイムはもたない。
時間帯によってメリハリをつけることが非常に重要。
周りに声を出して意思表示する必要がある。
人々はランダムに動いていて、ひと時も同じ状況はない。
全体を俯瞰する目を持っていると、ゲームを支配することができる。
……

なんだかサッカー論になっている。
そしてもっとも大事なことは、
「どちらにせよ90分で終わりは来る」ということだろう。
自分の望む形で試合を進める事ができたなら、
あるいは負けても(ある程度は)満足するのかもしれない。

しかしひとつだけ。
人生はおける「勝ち」とはいったい何か?
そこだけがうまく例えることができないのだ。
by shinobu_kaki | 2010-04-24 09:19 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)
なんだか急に質問に答えたくなったので(なんだそれw)、
どっかで見つけたこれ。
自己紹介で使いたい30の質問に答えてみます。


No.1
Q :名前(注:ハンドルネーム)はなんですか。

A : ここではシノブでやってます。本名は漢字ですが。

No.2
Q : この1年間を通して、楽しかった経験はなんですか。

A : なんだろう?家族との休日。

No.3
Q : この1年間を通して、苦しかった経験は。

A : いろいろありました。

No.4
Q : この1年間を通して、感動した経験はなんですか。

A : 娘の成長。

No.5
Q : この1年間を通して、プライドを満たした経験はありますか。

A : 仕事で評価されたこと。
  広告作ってかなりお客が来たとか、そういうの。

No.6
Q : この1年間を通して、リーダーシップをとった経験はありますか。

A : ある。

No.7
Q : この1年間を通して、あなたが考えついた独自のアイデアは何ですか。

A : オリジンというものに最近懐疑的なので。

No.8
Q : この1年間を通して、1番影響を受けた経験は。

A : 影響って自分が変わったってこと?だとしたら、ない。

No.9
Q : この1年を通して、仕事からどんなことを学びましたか。

A : 勤勉さよりポジショニングが大切ということ。サッカーみたい。

No.10
Q : あなたの長所はなんですか。

A : 率直さ。

No.11
Q : あなたの短所は何ですか。

A : 気が短い。

No.12
Q : この1年間を通して、一生懸命がんばったことはなんですか。

A : 今年はがんばってるよ。仕事も家庭も。

No.13
Q : この1年間を通して、失敗した経験はどんなことですか。

A : 忘れっぽくて失敗してる。

No.14
Q : その失敗をどのように克服しましたか。

A : とっとと忘れる。

No.15
Q : あなたが、もっとも影響を受けた人(こと)は。

A : たぶん今までに読んだ作家たちの言葉。

No.16
Q : 両親に対しどんなことで感謝していますか。

A : なんだかんだと無事に育て上げてくれたこと。
  親になるとわかるってことがいっぱいある。
  子育てって見返りがないでしょ。
  でもものすごい自分の時間やあれこれを取られるわけで、
  まさに無償の愛だよね。すごいよ。

No.17
Q : 10年先のあなた自身に言いたいことってありますか。

A : 厭世的にならないように。

No.18
Q : もし3億円宝くじがあたったら、あなたはどうしますか。

A : 家庭に関するあれこれに使う。
  とりあえず今の仕事は辞めるかもしれない。

No.19
Q : 友人付き合いで何が大切だと思いますか。

A : 礼儀。

No.20
Q : あなたが学校の先生だったとします。
  未来を担う子どもたちに何かメッセージをお願いします。

A : 自分の人生に遠慮するな。
  
No.21
Q : 大学生の学力が低下していると言われていますが、
  このことについてどう思いますか。

A : 選挙権とか飽食とかを思わせる。学べるってことはありがたいこと。
  かつてそれを血を流して勝ち取った先人がいるわけで、
  そういうのを本当に思い知れば変わるだろう。
  この環境では難しいかもしれないけどね。

No.22
Q : あなたにとっての宝物はなんですか。

A : 家族。時間。出会う人々。

No.23
Q : あなたの働く (もしくは勉強する)目的はなんですか。

A : 生活費稼ぎのほかに、自己承認願望を満たしている気がする。
  朝起きたら日々の仕事があるとか。
  何より自分の力が求められるというのは嬉しいことだ。

No.24
Q : インターネットはとても便利ですが、何か問題はありますか。

A : 言わば肉体性の欠如だが、そんなの分かりきってたことだしね。
  あとテキストの重要性。
  自分で言えば肉声より書いたほうがうまく伝えられるほうなので、
  どちらかと言えばネットコミュニケーションは快適だ。
  そして何しろ玉石混交な世界だから、
  価値をちゃんと見極めないといけないのがやっかい。

No.25
Q : あなたはどういった人が好きですか。

A : ブッキッシュな人は想像力があるから好き。

No.26
Q : あなたはどういった人が嫌いですか。

A : 図々しい人。やたら押しの強い人。言葉遣いの荒い人。
  あと偉そうな人はいつでも嫌いです。
  偉そうにしていい人なんて基本的には存在しない。

No.27
Q : この5年間で実現したいこと(夢、目標)はなんですか。
  3つ以上教えてください。

A : 妻と子供と大過なく過ごしたい。
  仕事を次の軌道に乗せたい。行き詰まってるから。
  あと、家族でハワイに行きたい。

No.28
Q : 死ぬまでにしたい5つのことを教えてください。

A : あんまりないんだよな。
  昔はあれが食べたいとか世界のどこに旅行に行きたいとかあったけど、
  今ではそんなことも思わなくなった。弱っているのかもしれない。
  ものすごく短期的にひとつ言うと、
  久しぶりに焼肉屋行って思い切りビールが飲みたい。

No.29
Q : どのような色が好きですか。
  またその色からどんなもの(こと)を連想しますか。

A : ダークブラウン、ベージュ。シックさ。

No.30
Q : お疲れ様でした!最後に感想をお願いします。

A : もっとないの?


そのほかの質問です。
Q : 「ナンバー1」と「オンリー1」どちらが好きですか またその理由は。

A : うーん、前にも書いたけどこれは変なんですよ。
  歌だから歌詞としてアリなだけで、
  すべての個体はオンリー1が大前提で、
  その中であえてナンバー1だから偉いわけです。
  運動会で「全員1等賞」みたいなのは滑稽だと思う。
  え?そこまで言ってない?ああそ。
  
Q : 国際問題でどのようなことに関心がありますか。

A : 高福祉社会の政治形態。
  あと民族の文化的・人種的差異についてはいつも興味があります。

Q : 高齢化社会についてどう思いますか。

A : 元気が出ないね。

Q : 人間として大切なことはなんでしょう。

A : 前を向いて生きること。
  失敗とか後悔とか、人が生きることそのものを考えれば、
  実はまったく大したことじゃない。
  だからみんなもっと前向きに人生をデザインしよう。

Q : 独身時代はどのような生活をして過ごしましたか。

A : 色んなステージがありましたが、
  都心に住んでた時期、昼は自転車で都心をぶらぶらして、
  午後はジムで汗をかいて夕方から飲みに行く、
  というサイクルが好きでした。

Q : 結婚をしてから子育てが終わるまではどのような生活がしたいですか。

A : 子育て中は良き夫でありパパでありたい。子煩悩万歳。

Q : 子育てが終わってから仕事を退職するまではどのような生活がしたいですか。

A : 子育て中は映画とか観に行けないから、映画観たいね。

Q : 仕事を退職してからどのような生活がしたいですか。

A : 経済的に余裕があればだけど、気に入ったカフェを見つけて、
  買ってきた新しい本を開いて珈琲を飲むとかそういうのがいいね。
  

というわけで終わりです。
かなり直感的に答えているので明日やったら変わるかもしれない。
でも、質問があると非常に楽だよね。
何も考えなくていいからなあ。
by shinobu_kaki | 2010-04-23 16:41 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

サバイビング・ライフ。


なんだか最近、しんどい思いをしている人が多い気がする。

楽しくない、先行きが見えない、明るい展望が少ない、
なんだか疲れている、いまひとつ体調がすぐれない…。

僕も今、仕事においては結構そうだ。
それなりにバリバリと働いてきたはずなのに、
いつの間にやら先細りの不安と戦う羽目に陥っている。
具体的には、仕事量全体としては減っていて、
予算がないという理由で仕事の単価が下がり、
会社は支出を抑える為に人員を削減し
(まあこれはリストラしたというより本人たちが望んで辞めているのだが)、
…といった具合で実に「景気が悪い」。
これは多くの業界、多くの働く人々にとってそうだと思う。

メディアがさらに不安に拍車をかける。
ニュースがこぞって「不況だ不況だ」とアナウンスするほど、
人々は警戒して不況モードになってしまうからだ。
具体的には、とにかくお金を使わなくなる。
不況の正体とは「お金が出回らなくなること」だから、
まさに悪循環というわけだ。

しかしこうした小学生の社会レベルの話をしてもしょうがないけどね。
…ふう。

会社はしばしば船に例えられる。
小さな船は小回りが効くものの荒波に弱く、
船ごと転覆する恐怖と戦いながら航海している。
その点、大きな船は安定性もあり絶対的に安心だったわけだが、
最近の大きな船はいとも簡単に人を海に投げ出すようなことをしている。
人が多いからそのあたりも躊躇がないというわけだ。
小さな船と大きな船、どちらに乗るのが幸せかはわからない。
大きな船のほうがマシなのだろうが、
幸福度というのはその人自身のごく周りにあるものなので、
なんとも一概には言えないものだ。

大きな会社が次々と潰れているのをニュースで見る。
ということは、小さな会社はもっと潰れているだろう。
ニュースになるのは有名企業だけだからだ。
世界は、我々の知らないところで着実に蝕まれている。
名もなき人の静かな自殺など、マスメディアはわざわざ報道しない。

人類の黄金期は1970年までで終わった、と言われる。
今後はゆっくりと衰退していくのみなのだろうか?

自分自身に関して言えば、もともとあまり金のかからないタイプであり、
人生においてそれほどの贅沢は望んでいない。
お金がなければないなりにやっていくほうだと思う。
ただ家族、妻子の生活は守ってやりたい。
娘が自立するまではちゃんと育てないとだしね。
それは、今の自分のひとつの大きな原動力になっている。

本当に、先を見越して手を打つようにしなければ、
怖くってしょうがないよ。

みんな、生き延びようぜ。
by shinobu_kaki | 2010-04-22 07:02 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

会社は、引越しする。


ルーズ。だらしない様。
英語のスペルは「loose」なので正しくはルー「ス」だが、
敗者を意味するルーザー(loser)と音が非常に似ているのは偶然か、
それとも同由来なのか。

昨日は会社の引越しが行なわれた。
とは言っても同一建物内での移動なのでそれほどドラスティックな変化ではない。
ちょっと広めのマンションを、2フロアにそれぞれ1部屋ずつ借りていたのを、
まず人を1部屋に集め、
半地下の小さい部屋を資料室+打ち合わせ部屋として借り直したのだ。
だから2部屋が1.5部屋になったというわけだ。

そもそもコスト(家賃)削減の意味合いが大きいこの引越しだが、
それは引越し当日においても貫かれていて、
最低限の大物の移動は業者に頼んだものの、
休日出社した社員全員が、大小さまざまな部分で運搬作業を行う事を義務づけられた。
朝から動きっぱなしで夜まで、約13時間ほどの肉体労働だった。
これはさすがにこたえたね。
しかも、筋肉痛らしい筋肉痛は明日やってくる気がする…!

社員が決して広くない1部屋に集められて思うのは、
まず収納が格段に少なくなったこと。
資料のすべてはどうしても納められないので、
この後じわじわと処分をしていかなければならないだろう。
そして何より、今まで別の空間にいた人間たちが同一空間に入った事で、
それもまた色々と変わる部分はあるだろうと思われる。
良きにつけ、悪しきにつけだ。

自分も例外ではないだろう。
もう少し長期的な視点に立たなければならない。
さまざまな思いが去来する。
by shinobu_kaki | 2010-04-18 18:00 | ライフ イズ | Trackback | Comments(4)

睦奥宗光の坂本龍馬評。

非常に有名な文ですが、
ふと思い出したので記録の意味で以下に記します。

漫画「お〜い!竜馬」(武田鉄矢・小山ゆう)でも、
暗殺された京都近江屋で竜馬と中岡が倒れた見開きシーン、
この陸奥宗光の手になる文章が実に印象的に使われています。


「坂本は近世史上の一大傑物にして、その融通変化の才に富める、
その識見、議論の高き、その他人を遊説、感得するの能に富める、
同時の人、能く彼の右に出るものあらざりき。
(中略)薩長二藩の間を連合せしめ土佐を以て之に加わり、
三角同盟を作らんとしたるは坂本の策略にして
彼は維新史中の魯粛よりも更に多くの事を為さんとしたるもの也。
彼の魯粛は情実、行がかり個人的思想を打破して
呉蜀の二帝を同盟せしめたるに止まる、坂本に至りては、
一方に於て薩長土の間に蟠りたる恩怨を融解せしめて、
幕府に対抗する一大勢力を起こさんとすると同時に直ちに幕府の内閣につき、
平和無事の間に政権を京都に奉還せしめ、
幕府をして諸候を率いて朝廷に朝し、事実において太政大臣たらしめ、
名において緒候を平等の臣族たらしめ、もって無血の革命を遂げんと企てぬ。
彼、もとより土佐藩の一浪士のみ。」

陸奥宗光


どうですか?かなりカッコいい。

しかし、陸奥は三国志時代の魯粛を引き合いに出していたんだね。


参考リンク:同時代人の龍馬評判
by shinobu_kaki | 2010-04-16 16:25 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30