<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プランニング・ライフ。


今日は久しぶりにライフプランナーが家に来た。
現在の家に越してからは初めてなので、
ゆうに一年以上ぶりということになる。

まあ頻繁に会うような相手でもないので、
思い返してみても実に3〜4回目程度しか顔を合わせていない。
だが当然、話す内容がある意味ほかの何よりも重要な事柄であるため、
一回一回の印象の密度は非常に濃い。

まずライフプランナーは「大きくなったね」と娘に声をかけ、
以前の住まいとの比較で「いいですね。快適でしょう」と感想を述べた。
確かに通勤時間は小一時間とそれなりだが、生活自体は快適に思う。
妻ものんびりとした郊外のペースが気に入っているようだし、
娘はなにしろ生まれた時からこの土地なので、
郊外っ子というのだろうか、元気で、大らかに育っていると思う。
外を歩いたりするのが好きなのは父親の血かもしれない。

今回の話は保険の見直しが必要かどうかの確認と、
長期的経済計画の確認である。

もちろん、先のことは誰にもわからない。
人生の本質は不確定要素で出来ているようなものだからだ。
かといって明日を考えずに放蕩に生きるには、
僕は少々あれこれと荷物を背負ってしまっているようである。
それは言ってみれば妻にしてもお互い様で、
さらに言えば娘にとってもそうじゃないかと思う。
要は同じひとつの小舟に乗って船出に漕ぎだしたようなものなのだ。
今はメインエンジンを僕が担当している、そういうことだ。
エンジンがいかに馬力を上げてがんばっても、
船の上のいっさいを調整してくれる役目がいなければ、
その船旅はおぼつかないものになってしまう。
どちらがどちら、ではないのである。

そんなあらゆることをふまえながら話していたら、
一時間程度のつもりが二時間半ほどの打ち合わせになってしまった。
だがおかげで、けっこう具体的なところまで話ができたように思う。

人生に正解はない。
どんな道を選んでもどう転ぶかはわからないし、
損得勘定をやりだすときりがない。
最終的には自分が納得して、「これでいいんだ」と思えれば最上だろう。
特に大きな決断をする時などは、失敗ではないかとか、
選択が違ってるのではないかと悩むことがある。
でもパラレルな「もうひとつの選択」が正しいかどうかの検証は不可能だ。
ゆえに最後は自分の生き方としての得心、
言ってみれば哲学の問題になる。
それは信念という言葉でも人生観でも死生観でも何でもいい。
根は同じだ。
メリット・デメリットを他人と比べるのではなく、
この世に唯一無二の自分の選択として誇りを持つこと、とでも言うのかな。

あらためて言うまでもないかもしれないが、
自分の時間、自分の人生は、誰が何と言おうと自分のものだ。
もちろんさまざまな制約や限界はあるけれど、
基本的に我々は、自分の未来を自分で描くことができるし、
あわよくば自分の望む一番近いものになることができるのである。
それはとても贅沢なことじゃないかと思う。

そりゃ何にだって終わりはあるだろう。
でも、少なくとも終わるまではゲームは続くのである。

楽しもうよ。



涼しき秋の土曜の夜、ビールではなくコーヒーを飲みながら。
by shinobu_kaki | 2010-09-25 23:27 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)
a0022014_82653.jpg

パパの創作キャラ「もちもち!シューマイちゃん」です。

a0022014_8265490.jpg

ラフですが、ロゴと周辺キャラも一応(笑)
※どこかでみたことのある四隅のキャラは飾りです、飾り。

娘もなぜかすぐに覚えてくれて、
「もちもちちゅーまいたん」を連発していました。

売り込むならサンリオかな…。
by shinobu_kaki | 2010-09-16 08:28 | こしらえたもの | Trackback | Comments(7)

システムの濁流。


2007年のほぼ日より。

任天堂の社長、岩田聡氏の話がいい。
ソースがちょいと古いけど、
普遍的に良いことを言っていると思ったね。



これを読んで色々なことを思った。

そもそも仕事は一人でするものではないし、
そこにはたくさんの人の思惑が存在する。
上司は部下を物足りなく思っているし、
部下は上司をのやり方を雑だと思っている。
あるいは上司は部下を「わかっちゃいない」と思うし、
そんな部下は上司を「理解してくれない」と思っているのだろう。
そんなものだ。

不満の芽なんていつも存在する。
しかもその事自体が不満なのではなく、
「苦労している」「ストレスがある」という状況があって、
そこから「理由」を探しているような気がすることがある。
要は、本質的な問題と解決が結びついていないのだ。

システムがどうしようもなく悪ければ、
いくらがんばったとしても徒労に終わるというケースは少なくない。
ひとつひとつどうにかしようとしても、
いずれ押し寄せる濁流には飲み込まれることになる。
早いか遅いかの違いだけだ。
そもそもの構造がよくないのだ。

まあ実際はそんなケースばかりでもなく、
単純にやり方がまずいということはあるだろう。
しかし身の回りを見渡しても、
頑張っているのに上手く行かないということが非常に多く、
それはもう構造の問題だったりする。
明らかに人手が足りない、明らかに向かない人がやっている、
明らかにやる気のでないサイクルでやらなければならない…。
これを解決するためにかける言葉は「がんばれ」ではないだろう。

上記のリンクの内容から話がずれたが、
結局システムを改善するのにも「個」の力は必要で、
逆に言えばシステムを作るのもひとりの人間からである。
思うのは、完璧な汎用性のあるシステムというのは意外になく、
それなりにどこも個人の才能に依っている気がする。
未経験でも下手でも、そのシステムに当てはめれば必ず出来る、
そんな上手いシステムがあるだろうか。
あっても、ものすごい単純労働の類いでは無いだろうか。

良いシステムの構築は必要だし、
それにも増して「個」を磨く事はもっと必要だ。
そしてシステムの濁流に巻き込まれないためには、
自分の得意を見つけ、守り、磨く事だと思う。
それには政治が絡む。
面倒くさい事だが、人間関係的な部分を解決する必要があるのだ。
そんな状況を上手く作ることができれば、
それからの「踊り」はぐっとラクに、
しかも評価されやすいものになるに違いない。

大きな話ではない。
自分の身の回りのシステムを作る事だ。
流されないシステム、
濁流に飲み込まれずに上手く踊れるシステムを。
by shinobu_kaki | 2010-09-13 18:59 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

水に似た感情。


人は「このままでいいのか」という問いからは逃れられないんだと思うんだけど。

現状否定は向上心とセットで、
成長していく、変わっていくためには今とは違う自分になる必要がある。

もちろん現状維持そのものが変化である、とも言える。
停滞すれば人は朽ちていくからだ。肉体も、精神も(たぶん)。
つまり一見変わらないように見える日々は、
不断の努力でもってキープされているものであり、
その時点で既に変わっていっている、変化しているという考え方。

いや、こっちに話がいくと面倒くさいな。

話を戻すと、「このままでいいのか」という問いへの答は決まっている。
「NO」である。
理由は、仮に自分は変わらなくとも環境や情勢は日々変わるものであり、
問いにある「このまま」という言葉には、「自分は」が省略されている。
つまり現状維持に固執する時点で周囲との齟齬が生じてくるわけである。

年をとっても、学ぶことは必要というわけだ。
生真面目な言い方をするとすれば、だけどね。
なかなか大変である。

でも、変化の中にこそ喜びがある、とも言える。
それはとてもいいことだ。
新しいものに出会うこと、新しく何かができるようになること。
これって楽しいよね。

人の精神は水のようなものだと思っているんだけど、
水同様に「たまり」に停滞した精神は徐々に腐っていく。
新鮮な水はいつも流れているのだ。
周りに合わせて形を変え、
風にゆらいでみたり、凪いでみたり、
熱くなる因子に触れてぐつぐつ沸騰してみたり、
冷えて氷のように固くなってみたり。

水が流れるための地形は、ストレスのある環境というところか。
そこに踏みとどまることはかなわない、でもなくても淀んでしまう。
「清流」と言われる水は流れが早いのだ。
そうして徐々にゆったりとした大きな流れになり、
石を削り、ごみを飲み込み、汚れながら、
何もかもが一体になったように海へと注いでいく。
by shinobu_kaki | 2010-09-07 07:56 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30