<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ブログというのは、建前上、
誰かが読んでくれることを意識して書かれている。
不特定な読者の前に、文章の形で立つことになる。
すると、あたかもレストランにドレスコードがあって
ちょっとおしゃれをしていくように、自分を気取ってみせたり、
あるいは逆に偽悪的に装ったり、少し自分を演出する部分ができてしまう。
ブログやネットの持つ罠がそこにある。自分を演出したくなる」


『考える生き方』に書かなかったブログ論の一部/極東ブログ


これはブログに限らない、とまで言うと間違う。
テキストを主体としたインターネット媒体はいくつもあるが、
Facebookは建前が勝ちすぎ、twitterはカオスすぎ、掲示板は断片的すぎで、
ブログがもっともスタンダードな自分に近い感じがある。

個人の持つ多様性というものは、
数や量を増やすことによって実像に近くなる。
それは論理的であろうとか、クールなキャラクターであろうとか、
普通の人が陥りがちな、繕ったペルソナのほころびが見えることだ。
作為のごまかしが効かなくなり、
否が応でも行間からその人が立ち現れてくる感じ。

言語が何のためにあるかと言えば、
それはもう他者との共有のために決まっている。
世の中に人間が自分一人であったなら、固有名詞は必要ないどころか、
話す必要がないのだから言語も必要ないはずだ。
もっと言えば思考も必要ないだろう。
完全に一人なら子孫も残しようがないし、
ただ思うように生きて、ただ思うように朽ちれば良い。
でも、そうじゃないよね。

実を言うと「文は人なり」ということが、
頭でわかっているようでまだぼんやりしている。
思い込みに似た確信はあるのだがどこか上手く言語化できない。
曖昧でありながら確信的な言葉を口にすると、人は思考停止してしまう。
例えば「才能がある」とか「運が強い」という言い方がそうで、
きっとそういうものは存在するのだがそれ以上細かく説明出来ない。

いま思いついたのだが、こういう言葉のジャンルを「素数語」と呼びたい。
それ以上追求できない、細分化の及ばない言葉だからだ。
「素数語」ではなく「素語」のが正しいのではないかと思ったが、
それだと単純に面白くない。
名前というのは多少破綻していたほうがいい。
そのほうがのびのびとした強度がある。
ほとんどの物事がそうだと思うが、どこか人間に似ている。
by shinobu_kaki | 2013-02-25 21:50 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

シリアスさについて。



「自分をシリアスに考えるというのは、基本的にみっともないことだ」柴田元幸


確かに、やたらなシリアスさというのはどうやらバカにされる傾向にある。
若き日(平成11年のエッセイからの引用である)の柴田元幸が言うように、
シリアスなことは「基本的にみっともない」のである。

しかし、なぜみっともないのか。

結論から言ってしまうと、
「シリアスな態度は余裕がなさそうに見えるから」ということだろうか。
自分の懊悩や煩悶をそのまま態度に出すことは、
それだけ他者から見た時の、余裕という名の軽やかさとは縁遠くなる。
感情に楽しげな服を着せる余力がなく、丸裸が人にそのまま見える。
何も感情の話でなくとも、どんな人でも丸裸はあまりサマになるものではない。
(いえ、見せるためのヌードは別ですよ別)

余裕がない人を見ていると自分に余裕が生まれる。
それは相手の「底」を見ることで、自分を相対化・客観化できるからであろう。
例えば大勢で走っている時に、いかにも疲労困憊という他人の姿を見て、
なんだか元気になってきたという経験は自分ならずともあるはずだ。
そこはとうぜん体力の問題ではなく、マインドの話である。

かくいう自分もシリアスになりがちな傾向は否めない。
これは自分のマイナス面であろう。
徹頭徹尾、態度をジョークでくるむという
クールなことが出来る人はカッコいいばかりか、
いざという時の落ち込みが「ものすごく気の毒に見える」。
これはいわゆる「雨の日に子猫を抱き上げる不良」と呼ばれる現象である。
自分などは「たまに子猫を抱き上げようがナニしようが不良は不良」
という立場を取るタイプに属するわけだが、
何しろ人の魅力というのはギャップに潜むと言って過言ではなく、
真面目で堅実一辺倒というのは印象的に損をする…って何の話でしたっけ。

そうシリアスさ。
シリアスになってしまうかどうかというのはひとえに、
その人のキャラクターの問題とも言える。
みんな生きてるととうぜん色々あって、
そんな中でシリアスさを態度に出すか出さないかというのは、
対人評価という軸の中でけっこうなポイントになるのではないかと思う。

つらい時につらさを100%表に出さずにいる人というのは多くない。
どうしてもほんの少し垣間見える。
そして、それを表に出さないようにする姿というのは、
少なからず人の心を打つのである。

僕自身は、自分のシリアス要素を認識しているということもあってか、
人がシリアスになっている姿には好感を持つタイプである。
好感というとおかしいかもしれないが、
シリアスな人のシリアスなストレートさに打たれるのである。
洒脱ではないかもしれない。
でも自分は、人のそういうところが好きである。
by shinobu_kaki | 2013-02-14 00:36 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28