<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

眠る男と眠れない男。

昼は蝉、夜は蛙。
リビングの窓を開けると聞こえてきていた音が、
涼しげな虫の声に変わった。
どうやら秋である。

元来、夜はぐっすり眠って起きないタイプだ。
寝付きもいい。横になって入眠するまでだいたい1分とかからない。
こういうのは不眠体質の人にとっては頭にくるようで、
「すぐ眠れるっていいわよね」と少し冷淡に言われたりするわけだが、
その言葉の裏には、
脳天気、無思慮、自分勝手、短絡思考といった、
蔑みのニュアンスが込められてる気がする。
と同時に、人間がうまく眠れるというのは存外に大切なことで、
字義通りに「羨ましい」というのもあるのだと思う。
「どこでも眠れる」「深く眠れる」というのは、
おいしく食べられるのと同様、人間が活動するために必要なスキルなのだ。

そんな自分が、最近ときどき寝付けない。
そうでなければ、目覚ましよりも早めに起きてしまい、
もう一度寝ようと思っても眠れないのだ。

なんだか、普段から不安に感じてることを色々と考えてしまうのである。

ただこういう場合の「考える」というのは意味としておそらく正しくない。
「考える」というのはもっと建設的な内容の時に使いたい。
この自分の場合は、ただ不安がっているだけである。何かを恐れているだけである。
いま目の前にあるものではなく、
ネガティブななほうに想像の翼を広げているのである。
それはまったく建設的な行為ではないし、
弱さと言えばただの弱さでしかない。

同時に、それがわかっているからこそ、
今までずっとぐーぐー眠れてきたわけである。
まあ、だいたい眠れないと言っても自分の場合はそれほど深刻な寝不足ではなく、
眠りたい時間からマイナス30分とか1時間とかその程度のものだ。
決して毎日というわけではないしね。

思うに、不安の解消方法というのはただ一つである。
それは、自分に不安をもたらしているものをよく知ることだ。
何でもそうだが、知らないから人は想像してしまうのである。
現実の問題と、自分の現状とのとっかかりが見えないと、人は不安になる。
対処の仕方が見えないからだ。
でも不安要素の内実を知ってしまえば、
あとは具体的にどうするか、もしくはどうもしないか、
自分の姿勢・立ち位置が決められるのである。
それさえ見えれば、望ましい形であっても、あるいはそうでなくても、
その時の自分の感情は少なくとも「不安」ではなくなっているはずだ。

もちろんそうやってあぶり出せる不安ばかりではない。
問題が大きければ大きいほど全体像は見えづらいので、
不安も簡単には解消されない、
つまり自分の立ち位置がなかなか見出せない。
問題設定が分不相応だと、問題は恒久的に解決されないのである。
こういう場合は「扱うべき問題かどうか」ということを考えた方がいい。
そこから間違っている、ということは往々にしてあるからだ。


不安の解消法は一つ、と書いたが、
もう一つあった。
それは、身体を大事にしてやることである。
気持ちの不調は体調からくることが往々にしてある。
美味いものを食べるとか、身体を動かすとか、風呂に入ってリラックスするとか、
マッサージに行くとか、ぐっすり眠るとかである。

特に睡眠は重要で、
ぐっすり眠ることさえできれば、
ぐっすり眠れないほどの悩みは解消したも同然と言えるであろう。
by shinobu_kaki | 2013-09-12 12:33 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

夏の最後の蝉爆弾。


雨の日曜日、夕方。
折からの厚い雲は時間の感覚すら覆い隠すようだった。

ふと、リビングの窓に何かが当たった気がした。
茶色い落ち葉のようなもの。
ただ動きの鋭さから、それが落ち葉ではないのだろうと思われた。
リビングの窓から娘とベランダを覗き込む。

蝉であった。

ここのところ、蝉爆弾もすっかりなりを潜めていたので安心していたが、
久しぶりに蝉が身のまわりに姿を表したわけであった。

細長い棒状のものを見つけ、仰向けに倒れた蝉をつついてみる。
少し、動いた。
死んではいない。ただ、相当に動きは鈍い。
もう瀕死の状態だろうな、と思った。
棒を蝉の身体に沿わせると、手というのか足というのか、
もぞもぞとしがみつくようにする。
なんとなく愛おしくなって、強く払う様なことはせずに、
なるべく棒にしがみつかせることはできないだろうかと考えた。
弱った蝉は、溺れた者が見えない水中で必死につかまるものを探すように、
一生懸命に棒にばたばたと足を絡ませる。

つかまれ、ほらつかまれ。

思わず声を掛けたくなる様ながんばりを見せる、蝉。
やがて蝉はしっかりと棒にしがみついた。
よし、よし。

僕はそのままベランダから外へ放るつもりで棒を外に伸ばした。
その瞬間、蝉はにわかに飛び立ち、
先ほどまでの弱った姿が嘘のように、
ベランダからまっすぐ離れるようにして力強く飛び去って行った。

僕はしばらくその軌跡を呆然と眺めていた。
by shinobu_kaki | 2013-09-08 17:49 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

怒りについて。

人は誰でも怒りの感情を持っている、と思う。

よほど穏やかに見える人だって別に怒りの感情がないわけではなく、
怒りの形でもって表に出る前に何か違う形の感情表現に
変換されているだけなのだと思っている。

自分は印象としてはどうやら穏やかに見られがちなようだが、
自ら感じる性分や親しい人に言われる気性としては、
別に、というかまったく穏やかではないようだ。
声質であるとか、顔の造作を含めた表情などが
比較的ソフトに見えるというだけの話なのである。

まあ、ここで「俺はこう見えても気性の荒い男なんだぜ」という
アピールをすることにメリットや意味はあまり見出せないのでこのへんにするが、
人の感情というのはなかなか面倒くさいものだと思っている。
すべての感情はその人にとって傀儡というわけではないからね。
だからこそ人は「感情の動物」などと言われるわけで。

さて、怒り方というのはいくつかタイプがあるわけだけど、
自分はその場で我を忘れてワーッといくタイプではなく、
瞬間的にはわりと抑えてしまうほうだと思う。
その場だけというわけではなく、
常日頃から比較的に怒らないようにある程度セーブしている。
こういうのはストレスが溜まりやすいので良くないのだが、まあ性分である。
なぜセーブするかというと、喧嘩という一種の戦争状態の
ストレスを嫌うからというのはもちろんあるし、
とにかく相手との関係性を悪化させたくないという
ことなかれ主義的な発想がまったくないかと言われると嘘になる。
なにしろ争うのが嫌いだし、不毛だし、避けたいと思うのだ。
これはそれほど不思議な心性ではないはずだ。

そして怒る時に比較的饒舌になる。
これについて長らく、自分は怒っても
頭は冷静なタイプだからではないかと思ってきた。
でもいつからか、それは違うのではないかと思うようになった。
言ってみれば饒舌になるということは、
ある程度自分の頭の中で結論が出ているのだ。
それもアドリブ的にということではなく、
怒りの形で感情が表出するまでに、
自分の中である程度の整理が行なわれているのではないか。

「セーブされる怒り」についての自分のイメージとしてはこうである。
自分の中に沸き起こったマグマのような感情があって、
それを理性の何重かの防御壁がストップをかけようとする。
だがそこの関所を越えるほどの熱さか、
もしくは感情を爆発させるだけの正当性を持ったマグマだけが、
防御壁を越えるのである。そして後者であることがおそらく多い。
それがために、マグマはある程度の理論武装を帯びた怒りとなって表れ、
つまるところ饒舌さに繋がるのではないかと思うのである。

怒りについてもうひとつ、「根に持つかどうか」というポイントがある。
割とストレートに怒りやすい人は、
そこできれいさっぱり水に流すことが多いと言われる。
自分はどうだろうかと思うと、決してそうではないようである。
なんというか、いつまでも怒り続けているというのではなく、
その時の怒りと一緒に相手との関係性を切り離してしまう、
残念ながらそういうケースが多い気がするのだ。
(これは怒りを避けたい一心の防御的感情ではないかと思う)
だから、その人の最後の印象にその時の怒りが付随して、
結果的に相手をいつまでも怒っているみたいな構図になる。
もちろん時間が経てば経つほど、感情としてはある程度以上冷めている。
ただ、修復があまり行なわれないというだけである。


感情自体は打ち消すことが難しく、ただ逃がしてやることしかできない。
仮に誰かに怒りを感じたとて、物理的に復讐しても怒りがなくなるわけではない。
違う形で昇華させてやるのが一番なのだ。
精神と身体はリンクしているので、もっとも有用なのは運動だと思うけれど、
もちろん自分の中でリラックスできるスイッチがあればさらによい。


怒りというのはその人の悲鳴であると言われる。
これは疑いようがない。
怒りは感情を侵食される事象があった上での、カウンター的な発露である。
つまり、怒っている人はすなわちつらい人なのである。

人の心の中で、怒りの感情はいつしか悲しみに変わるのだと聞いたことがある。
しかし上記の「悲鳴論」が事実であるならば、
怒りが悲しみに変わるのではなく、
まさに怒りは悲しみそのものである、そんな風に言える気がする。
by shinobu_kaki | 2013-09-07 22:32 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

空中庭園

a0022014_23304762.jpg
久しぶりに丘の上まで自転車で行ってみた。
きっと、もっともっと年を取るとこんなことはできないだろうな、
と思うほどの急坂を立ち漕ぎする。
もちろん41歳の今だって、
坂を自転車で登るというのは人によっては絶対しない。
でも僕はいまだにそういうのが好きなのだ。
ちなみに41歳というのはあのバカボンパパと同い年なのだ。

高台から街を見下ろし、夏を送る。
きっとこの先も残暑の日々はあるだろうが、
残暑は残暑、夏は今年もひとまず終わりだ。

カラカラに乾いた喉をかかえて坂を降りる。
自転車で、軽快に、いい年をして。

by shinobu_kaki | 2013-09-01 23:29 | チープ・トリップ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30