キネマ旬報の選ぶ、2004映画ベストテン

「キネマ旬報」選出による、2004年度の映画賞だそうです。

【日本映画】
(1)誰も知らない
(2)血と骨
(3)下妻物語
(4)父と暮せば
(5)隠し剣 鬼の爪
(6)理由
(7)スウィングガールズ
(8)ニワトリはハダシだ
(9)チルソクの夏
(10)透光の樹

【外国映画】
(1)ミスティック・リバー
(2)殺人の追憶
(3)父、帰る
(4)オアシス
(5)ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
(6)オールド・ボーイ
(7)モーターサイクル・ダイアリーズ
(8)シービスケット
(9)春夏秋冬そして春
(10)ビッグ・フィッシュ

【文化映画】
1位「海女のリャンさん」

【個人賞】
監督賞=崔洋一「血と骨」「クイール」
脚本賞=崔洋一、鄭義信「血と骨」

主演女優賞=宮沢りえ「父と暮せば」
主演男優賞=ビートたけし「血と骨」

助演女優賞=YOU「誰も知らない」
助演男優賞=オダギリジョー「血と骨」

新人女優賞=土屋アンナ「下妻物語」「茶の味」
新人男優賞=柳楽優弥「誰も知らない」

外国映画監督賞=クリント・イーストウッド「ミスティック・リバー」



なにしろ世界のカンヌでパルムドール男優賞の、
「誰も知らない」柳楽優弥くんが主演男優賞ではないあたりがサスガ。
(カンヌの選出基準に疑問がないではないが…)。

もともと映画を凄く観るほうではないとはいえ、
2004年、あんまり映画を観ていないかも…。
上記の中で観た作品といえば、
「誰も知らない」「下妻物語」「モーターサイクル・ダイアリーズ」
の3本でーす…じゃなかった、3本だけだったのだった。
観なさすぎです。

個人的にとても気になっていたのは、
「理由」「スウィングガールズ」「春夏秋冬そして春」。
特に「理由」は観ておきたいなあ。
俳優・岸辺一徳はとてもいいですね。サイコで。
by shinobu_kaki | 2005-01-06 21:19 | 人生は映画とともに
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31