魂の救済。

先日、誰かが「魂の救済の物語」について書いていた。
これはある種、究極的なテーマであると思う。

まず、人は自選的に生まれてくるのではない。
そんな「負わされた生」を自分のものとして受け入れる、
その一連のプロセスが生きるということだと言える。

さらに生まれた国や時代、家庭環境などによっても
大きく変わってくるのが人の生であり、
それは本人のせいではありえない。
しかし日々に不遇、不運、不本意、不平等、不協和は起こり、
我々の魂はその都度、痛み削られる。

例えば早く死んでしまった人は不幸なのか。
早逝は気の毒だし不遇であろう。
しかしそれだけで不幸だったと決めつけるわけにはいかない。
長く生きていたって不幸な人はたくさんいるし、
むしろ生きる長さに比例して、嫌なことの数は単純に増える。

例えば暴力に晒されたり、虐げられた人は不幸なのか。
こういう人生は確かにつらい。
平穏な人生とどちらを選ぶ?と言われたら、
前者を選ぶ人はいないだろう。僕だって選ばない。
しかしそれだけで不幸と決めつけるわけにはいかない。
いや、人生という意味では確かに不幸だ。
だがそれで、その人自身に価値はないのか?というと、
そんなことは絶対にない。
そういった不遇は、本人ではなく環境の問題、
外的要因に過ぎないからだ。
外的要因と人の魂はまったく関係がない。

往々にして、人は苦しみが多いと、
自分の人生に価値はないと決めてしまって、
前向きに生きることを放棄してしまう。
だが先ほど書いたように、
自分の価値と不遇な環境は相関がないのだ。
これは人の「不協和に耐えられない」という性質がそうさせると思っていて、
不遇な自分は不遇にふさわしい人間であると、
頭で辻褄を合わせて認知してしまうのだ。
だが感覚、本能はそんな嘘を許さない。
だから引き裂かれてつらくなる。

どんな不遇にあっても魂までダメになるわけではない。
それがダメになる瞬間があるとすれば、
それは、自分が受けた被害によって自らを犠牲者と断じ、
他人に同様の加害を加えはじめた時だろう。
かわいそうな自分にはその権利があると、
他人より自分が不幸なのは許されないと、
他人がそれぞれどのような不遇と戦っているかも知らずに、
自分自身だけにフォーカスして害をバトンした瞬間、
その人の魂は地に落ちるだろう。

そうしない、というのは戦いだし、
その戦いこそが自分に克つことだし、
何があっても自分を蔑まないことが価値だろう。
それだけでその人の生は意味を持つ。

不本意に負わされた生の中、
外的要因によって傷つき疲れ果てた魂は、
自分の内部からの認識と姿勢と志によって、
充分に救済され得るのだと言いたいのである。

トラックバックURL : https://kakiwo.exblog.jp/tb/238377506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2018-03-08 09:35 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31