<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「先行き不透明」だったり、
「ロールモデルがいない」だったり、
「業界そのものの衰退」だったり、
「ある程度以上の年齢になること自体のつぶしの利かなさ」だったり、
まあ仕事に関する不安要素というのはたくさんある。

別に仕事における自己実現的な意味ではなくて、
単純に生きてゆくためのエンジンとしての仕事がこの先どうか?
という話でもあるんだけど。


というわけで欠かせないお金の話。

僕はデザイナー職ではあるけれど、
「デザインが良い/悪い」という部分よりも、
「それが仕事として成立しているか」
「その仕事は要求に応えているか」
「その仕事は望んでいた結果を出すことができたか」みたいな、
言わば味気のないハードな部分に意識と興味がすっかり移ってしまった。
もちろんデザイナーにとっての制作物はそのまま実績であるので、
制作物のクオリティは最重要ということは知っている。
ただ、見た目として「素晴らしいデザインですね」という部分の優先順位は、
自分の場合少し後ろのほうにあるということだ。

つまりマネタイズ的な話である。
お金になるかどうか。
ビジネスになっているかどうか。

デザイン業界はお金の話がしづらい、という風潮がいまだにある。
あほらしいと思う。
事前に金額の話をいっさいせずに仕事をスタートし、
何人かアサインし、日数とコストをかけ、労力を費やし、
ある程度の段階まで進んでから、
「実は今回は予算があんまりないんです」
みたいな話になることだってある。

本当に、あほらしい。

利益は企業の、また、働く者すべての存続条件である。
やましいことは何もない。
本来はそうだと思う。
しかし、それを公言することがどこかやましいものとされるような、
鬱陶しい同調圧力がある気がするのである。

もちろんそんなことにナイーブになってないで、
自分が初めから見積もりをきちっと提示して話をつけてから、
実際に仕事をスタートすればいいじゃないかという向きもあろう。
だが、詳しい話は今回割愛するが、
それができるケースばかりでもないのである。


逆に、自分は外注するときにまずお金の話からすることがある。
まさに仕事を受ける時の自分が、
その内容以上にもっとも重要と思うのが予算とスケジュールだからである。

まあ、どちらかといえばスケジュールが重要かとは思う。
デザイナーにとって予算というのは確かに重視されない傾向がある。
「良いものをつくる」ということに関して、
撮影ができるできないといった直接的な部分を除けば、
予算の多寡は作る本人にとっては(特に会社員デザイナーにとっては)、
問題ではなかったりするのである。
その点、スケジュールはクオリティに直に関わってくる。
精度を上げる、詰める時間があるかどうかに影響するのである。

そんな理由もあるからか、
予算というのはどうにも軽視された時代が続いていたように思う。
だが、デザイン制作をビジネスとして考えた場合、
やはりもっとシビアな予算感が求められてしかるべきではないかと思う。

そしてそれは諸刃の剣というやつだ。
なあなあな関係ではないということは、
良くも悪くもオープンな競争にさらされるということだからである。
何かを変えるということは、良いも悪いも受け入れるということにほかならない。
プラスマイナスはいつでもセットである、ということを忘れてはいけない。


自分にとって「働く」ということは、
船に乗って海原をゆく航海のイメージだ。
どんな船に乗るか。
大きい船かそれとも小さい船か。
船の中で自分の役割はあるか。
船は快適か。
クルーたちとのウマは合うか。
運動不足になってやしないか。
どうしてもたまる精神的なストレスを発散するすべはあるか。
目的地は共有できているか。
そうした「限定された共同体」としての形もまた、
職場という社会の本質なのだと思う。

そして今の船長が老いたらどうするのか?
船を降りるか?船を引き継ぐか?
目的地はそれまでと変わらずでいいのか?
これは誰にも寄らず、いずれ突きつけられる切実な問題であろう。

団塊の世代とそれ以降の世代には明らかな断絶がある。
冒頭に戻るが、「ロールモデルがいない」のだ。
目の前にあるのは、今までに誰も踏み入れたことのない海原だ。
不安があって当然だ。

ただ、誰にとっても結論はひとつ。
ゆくしかない。
by shinobu_kaki | 2011-10-19 08:38 | ライフ イズ

右脳の解放区。

ちょっとメモ的に。


右脳の解放区と左脳の解放区。
片方だけではいけない。
そして社会やシステムは人体の相似形であること。
フラクタル的な道理があること。

2つより3つ。鼎。
三つ巴、そして三すくみ。
安定を考えるなら数字は3を意識。

足りないから補充するではなく、
回していくから足りなくなる。
次のために新たに取り入れるということ。

精度を上げるためには集中。
集中のためにはリラックスが肝要。
リラックスのためにはアルファ波的な環境が必要。
お気に入りのディテールをそばに置くこと。
「気持ちよさ」を侮らないこと。
気分がいいと、ノれる。前のめりになれる。
人なんてそんなもの。

「いいとこ取り」なんて幻想。
絶対に「どっちか取り」になる。
スタイルを真似るということは良いも悪いも受け入れるということ。
そして選んだほうに殉じる覚悟があるかどうか。
選ばなかったほうを捨てることができるか。
でも、選ぶってそういうこと。

はしゃぐだけが遊びではない。

時間はモニュメント的な時刻ではなく、
実際に過ごすボリューム。
何歳にどうなっているかも大事だけれど、
いま目の前にある時間をどのように過ごしているか。
どのように過ごしたか。

システムは常にスケープゴートを必要とする。

明日のために耐える、ではなく、
明日楽しむために今をもっと楽しむこと。
自分のペースをつくること。
我慢のペースができてしまうと、
我慢がベースの未来が待っているという道理。

努力って正しく科学的であること。
楽しみって労を惜しまないこと。
by shinobu_kaki | 2011-10-12 20:49 | ライフ イズ
青山通りを歩いていた。
通勤の朝の気怠さにまかせて、向こうからやってくる自転車の男を信号待ちの横断歩道に立ちぼんやりと眺めていた。男が僕の2メートルくらいの近さで自転車を降り、表情を崩して笑うと何か口を開いたので、僕の背後に知り合いでもいるのかなと思っていたら、男の笑顔は僕に向けられたことがわかった。彼は僕の知り合いであり、前の会社の同僚だったのだ。

横断歩道を一緒に渡る間のわずかな時間、僕と彼は二言三言の会話を交わし、手を振って別れた。また飲みに行こうよ。いいね、ぜひ。

自転車通勤にはいい季節になった。もちろん天気は不安定で、時々夏のような暑さもぶりかえすが、やはり季節ははっきり深くなったと感じられる。住まいが会社にうんと近い頃には僕も自転車で通っていた。10分やそこらの距離だった。それから引っ越して、会社まで1時間の道のりになっても、できる限り自転車で通うようにしていた時期もあった。さすがに今は通えない。奇しくもあの震災の折、自宅まで自転車を走らせることになったのだが、平時であってもたっぷり2時間はかかることがわかったのだ。往復だと4時間である。これを毎日は無理だろう。例え週2〜3でも難しい。つまり自転車通勤に適した距離ではないということだ。

最初に書いた彼も、会社までの距離は自転車でせいぜい30分というところではないか。はっきり聞いたわけではないが、そのくらいだと思う。僕も1時間の距離を通ったと書いたが、往復2時間の日常はそれなりにこたえる。体力的にである。混んだ電車に乗らないという選択の代償は、都心住まいでもない限り、それなりに支払わなければならないのである。

それでも僕は自転車が好きだし、通勤はかなわないまでも、休日のふとした時間に30分くらいは好んで自転車を走らせる。自分の足を動かして前に進むというのは何しろ気持ちのいいものである。能動的なのだ。電車・バスとは圧倒的にここが違う。乗り合いの公共機関である電車やバスは移動式のスペースだ。中に入ったら座るか立つかしかできない。動くベンチのようなものだ。移動そのものに爽快さはなく、とにかく早く目的地に到着する事が望まれる。自分の身体を使った楽しさのある乗り物ではないのである。

知り合いと言えば、仙台に住んでいた時の友人は多くがバイク乗りであった。もう何年も会っていないが、そのうちの数人は今でも乗っているという。もう彼らも40歳である。自分は中型免許を持っていないのでバイクには乗らないのだが、自分で走りそのものを能動的にコントロールする、そんなバイクの魅力は今も少しだけわかるような気がする。
by shinobu_kaki | 2011-10-07 20:38 | ライフ イズ

去り行く風邪の兆し。

できるだけ何でもいいから書きたいと思っているんだけど、
何かこう、ネタっぽく着地しないといけないような気になってしまうと書けない。
もちろんそんな必要もないのだが。

ここ数日少しのどが痛く、市販薬を飲んだりしていた。
風邪っぽかったのだ。
もちろん夜のビールも我慢。
できるだけうがいをして、手を洗って。水分を採って。
昔は風邪をひいても一晩やそこらで治したものだったが、
加齢にともなう体力の低下というやつだろうか、そうもいかない。
長いと2週間を超えることもある。そうなれば医者である。
いよいよとなった場合に自分の中で行く医者が決まっていて、
それは白金台にあるのである。
ちょっとした顔見知りのお医者さんなので、
こちらの事情を話すとすぐに治るようにと点滴も打ってくれる。
点滴を打つとほぼ治ってしまう。
にんにく注射をしてもらった時もあった。
あれは成分のアンモニアの匂いだったか、にんにくに似た匂いがするだけで、
実際ににんにくエキスが含まれているわけではない。

今回はそれほどひどくなかったようで、
もうかなり回復して来たように思う。
昨日の夜の早めの就寝(23時前には横になっていた)が良かったではと思う。

今日は図書館から借りていた本を読み終わった。
鼎談。「映画長話」という。
蓮實重彦、黒沢清、青山真治の映画談義である。

それと脈絡はまったくないが、
ふと、昔に京都に行った時のことを思い出していた。


こんな風に何も考えずにキーボードに向かうのでよければ、
毎日書けそうではあるけれど。

まあ、今日はそんなとこで。
みなさま良い週末を。
by shinobu_kaki | 2011-10-01 00:39 | ライフ イズ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31